1963年8月生まれ。      修行の足らない仙人の日記です。サツキマス釣りが好きでシーズンは一日中河原を歩いています。  大昔やっていたヒラスズキ釣りを復活させるも太平洋の大波や寄せる年波にも苦戦。


by 仙人

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体

ヒラスズキ
鱒、ヒラスズキ

ウインドサーフィン
その他

Link

画像一覧

最新の記事

ようやくの梅雨入りで・・
at 2017-06-25 15:43
祝! 2017解禁
at 2017-06-11 13:52
GWのプレッシャー
at 2017-05-09 21:08
魚はどこだ?!
at 2017-04-30 22:55
温んできた故郷
at 2017-04-06 21:33

記事ランキング

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月

検索

タグ

ブログジャンル

四国
釣り

最新のトラックバック

Cool stuff o..
from Cool stuff or ..

ライフログ

ようやくの梅雨入りで・・



四国は6月7日に梅雨入りしたものの雨は降らず。
17日には早明浦ダムは第一次取水制限に入りました。
やっと梅雨入りらしいまとまった降雨があったのは20日のこと・・



合間を縫っての2日間の釣行は、
初日、仁淀川支流にて15匹・・   撃沈
翌日、仁淀川本流にて37匹。
いや、 対岸で釣っていた じいちゃんに3つ分けてあげたので、
d0226214_15320385.jpg
40匹 ♪

釣りは釣果が全てではありませんが、
周囲では、 友釣りは そこが全てのような?



今回も早朝から夕まづめまで約30フィートの竿を振り回し、
小用もオニギリかじるのも 釣りしながらとか・・・  爆

2日間終わってみると、 腕が変形しているような・・
顔の型も変わったような・・  笑
肘も痛いし・・  涙
体が悲鳴をあげています。

この日も高知から香川の自宅に帰り着いて、 玄関框を這って上がりました  爆
毎週の県外釣行も今に始まった事ではないですけど・・

友釣り始めて6年くらい経過しますが、 もう少し楽なものだと なめていました。
磯のヒラスズキも体力使うが、 これは昼過ぎでほぼ終了。
友釣りについては、 早期は特に午後から活性があがるので日が傾くまでやめられない。
でも、 昼からGOなんて待ちきれないですよね~  笑




ともあれ、 今回も梅雨の合間の晴れの日に

d0226214_16045770.jpg
至福の時を過ごしました。








[PR]
# by kobochan28 | 2017-06-25 15:43 | | Comments(4)

祝! 2017解禁






5月15日に県外河川数か所において鮎の友釣りが解禁となり、
18、23日と釣行・・
d0226214_14313120.jpg
チビなんですが天然遡上の真っ黄黄に、
無事 再会を果たすことができました。



四国のほとんどの河川が解禁となる、 6月1日を どこでどのように過ごすのか、
思案に暮れる5月の末あたり・・・

今シーズン不調だった四国先端部のヒラスズキの郷より、
漁師でヒラ師である友人から、 思わぬプレゼントがありました。
今年の春は沖合のブリも不漁なら、 ナガレコすらも少ない状況の中、
濡れたタオル、保冷剤で丁寧に包んで沢山送って頂き、

d0226214_14314534.jpg
焼いてよし、 煮付けてよし、 超美味でした!!
ありがとうございました。





待ちに待った6月1日はジムノペディさんと勇んで仁淀川へ・・・
思った程の釣果は得られませんでしたが、
現在の精神面での全ての支えはここにあり! っていう感じです。
d0226214_14315628.jpg
もう少し上手になりたいです・・  涙
 




ジムノペディさんも終了間際に、
d0226214_14322136.jpg
対岸から、 軽快に3連発を見せつけてくれました♪





そして数日後・・・
2017鮎 ミーティングが、
d0226214_14323403.jpg
と、 ある屋台で厳かに始まりまして・・・  笑






大月町の磯近くに、 ヒラスズキ小屋を持つ太郎くんも・・
d0226214_14324368.jpg
仁淀産天然鮎の塩焼きを抱えた時の笑顔に、
今年のデビューを確信しました♪

ざぶろう君、 太郎君のこと たのみましたよ~  笑









[PR]
# by kobochan28 | 2017-06-11 13:52 | | Comments(6)

GWのプレッシャー



GWは毎年のように高知へ帰省中だった私は、
高松より合流してきたジムノペディさんと、 久しぶりのヒラスズキ釣行です。

休み後半となった5月6日の釣行では、 他のアングラーのプレッシャーも
相当なものでしょうけど、 これも経験・・
乏しい自身の引き出しを 目いっぱい活用しよう!!






朝一は 大好きなシャローエリアを目指し、 最近ではめったにない 日の出30分前の現地着。
それでも先行者が既に準備しており、 僕らは東へ移動します。



現地は期待どおりの波高で、 朝靄に包まれたそこは・・・

d0226214_22130319.jpg
まさに1投目からヒットしそうな状況・・・




一歩一歩慎重に、 でこぼこの岩を 足首こねながら歩く心地よさ、
時には胸まで潮に浸かりながら目当てのサラシに向かいます。
これほど心躍る遊びなんて他には無いなと 喜びを噛みしめながら、 二人でキャスト開始・・


しかし期待とは裏腹に、 キャッチどころか かすりもしない。
前日は荒れ過ぎにてクローズのはずで、 本日はフレッシュな環境の予定でしたが、
Extremeなアングラーのアプローチがあったかもわかりません。
竿抜けを探し、 より深く探るもヒラスズキからの返事は皆無、 残念・・
いつも思ったようにいかないのも、釣りを長く、楽しく、続けられる要素の一つでもあります・・  涙

ここまで反応が無いと見切りも素早く!  時間帯の良いうちに次のポイントへ。
ここは、 ほぼアングラーと会ったことの無い とても懐かしいエリア。
昔、 日の入り近い時間まで良く歩いていた場所。
但し、 ここはヒットの条件はベイトのみに左右されがちですが・・






足場の高いところや、

d0226214_22152445.jpg




シャローとが、 バランスよく混在していると飽きませんよね。
d0226214_22155680.jpg





何度も何度も打った場所での待望のヒット!
何故だか ちゃんと理由はあります。

d0226214_22160806.jpg
こんな、 滅~っ多にないシーンをカメラにおさめてくれました。
単独釣行では まず無理です。
ジムノペディさん ありがとう。





d0226214_22161980.jpg





当たりは 本当にぽつりぽつりです。
d0226214_22163190.jpg




よく歩きましたが、 やはりGWの釣りはこんなものでしょう。
そして時間の経過とともに、 ヒットに持ち込める規模の波が見当たらなくなりました。

d0226214_22164393.jpg
この後 間もなく始まる鮎の解禁日に備え、 急いで河川の下見に走りました。

ジムノペディさん、 これから忙しくなりますね   笑









[PR]
# by kobochan28 | 2017-05-09 21:08 | ヒラスズキ | Comments(6)

魚はどこだ?!




4月上旬、 磯ヒラの反応もやっと上向きになりかけていたのですが、
その後まさかの二週連続釣果無し・・・

今回なんて朝5時過ぎから昼前まで休憩無しの磯歩きの中、
セイゴのワンバイトのみという貧果。
ならば夕まずめ、 潮が返した時の地合いを狙え!!!
なんて若い時のような元気はとてもありません。


で、 潔くメットを置きます。  ( 最近何でもあきらめが早い・・ 汗 )
d0226214_15485225.jpg

しかし、 この時期にしてはとても状況が悪すぎる。

なぜ?

水温が低い・・ 
潮の色が悪い・・
決定的なのは、 この季節このエリアに多いはずのカタクチイワシの不在。

知り合いの地元漁師さんとも話しましたが、 周辺の水温が低く 潮の色も不自然に緑がかり、
周辺の漁港を活気づけるブリはもちろん、 サバやカタクチも獲れないとのこと。
ヒラスズキをバイトに持ち込む為に必要な「サラシ」が、 出現してから消えるのも幾分早い気がします。



反面、 付近の陸上は・・
d0226214_15450000.jpg
何もかもが高活性に見えます・・
画像:アコウ( タコの木 )





翌日は西磯に向かおうかと思ったが、疲れに寝不足が重なっている状況では・・
で、 4年振りにトラウトロッドを握り実家の近所の仁淀川へ。



雨で増水中の川面を捲ると・・・

d0226214_20563180.jpg
若鮎の気配も・・




結構な雨の中の釣りで、 水位ぐんぐん上昇中となればサツキマスも遡上モードか?
バイト無し・・


きれいな景色に癒されて・・
d0226214_15453256.jpg
今回も無事魚釣りが終了しました・・  涙



と、 言うより 魚はどこだ??!!
















[PR]
# by kobochan28 | 2017-04-30 22:55 | ヒラスズキ | Comments(4)

温んできた故郷




ここ3週連続のヒラスズキ釣行ですが、 先週はホント寒かった・・・
四国東部の先端付近にて、 正午の時点でほぼ7度。
朝は8時過ぎから氷雨が降り始め、 真冬用のインナーを車に取りに戻らなければならないほどでした。

反面、 今回は南がらみの風が吹き、
少々の雨を伴うもののとても温かい朝で・・
久しぶりに磯のあちらこちらにアングラーの姿がありました。






そして11時には終了・・
バイトは5回、 掛けたの4尾、 獲ったの2尾。
d0226214_21571275.jpg
サイズも前回、 前々回より少し良くなっています。




4月にもなると日の出時刻が加速して早くなります。
それに伴い睡眠不足がとても体にこたえます。
でも、 その日幸運にもヒラスズキの姿を拝む事ができれば、
帰途に要する3時間超も全然楽なんですよね・・  笑









そうそう・・・
前回キープさせて頂いたヒラスズキを、
釣師で料理人である SB HAMAちゃん の 「 特製バジルソース 」を分けて頂き・・
d0226214_20343833.jpg
からめてフライパンで焼いてみました。

バジルの香り & スパイシーでガーリックが効いたのコクのあるソースと
ヒラスズキの皮のカリカリ感が まさに絶品でした !!
無くなったら宜しくお願いしますね ♪











[PR]
# by kobochan28 | 2017-04-06 21:33 | ヒラスズキ | Comments(7)