1963年8月生まれ。      修行の足らない仙人の日記です。サツキマス釣りが好きでシーズンは一日中河原を歩いています。  大昔やっていたヒラスズキ釣りを復活させるも太平洋の大波や寄せる年波にも苦戦。


by 仙人

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体

ヒラスズキ
鱒、ヒラスズキ

ウインドサーフィン
その他

Link

画像一覧

最新の記事

祝! 2017解禁
at 2017-06-11 13:52
GWのプレッシャー
at 2017-05-09 21:08
魚はどこだ?!
at 2017-04-30 22:55
温んできた故郷
at 2017-04-06 21:33
鼻を洗いに・・・  笑
at 2017-03-12 21:40

記事ランキング

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月

検索

タグ

ブログジャンル

四国
釣り

最新のトラックバック

Cool stuff o..
from Cool stuff or ..

ライフログ

カテゴリ:ヒラスズキ( 63 )

GWのプレッシャー



GWは毎年のように高知へ帰省中だった私は、
高松より合流してきたジムノペディさんと、 久しぶりのヒラスズキ釣行です。

休み後半となった5月6日の釣行では、 他のアングラーのプレッシャーも
相当なものでしょうけど、 これも経験・・
乏しい自身の引き出しを 目いっぱい活用しよう!!






朝一は 大好きなシャローエリアを目指し、 最近ではめったにない 日の出30分前の現地着。
それでも先行者が既に準備しており、 僕らは東へ移動します。



現地は期待どおりの波高で、 朝靄に包まれたそこは・・・

d0226214_22130319.jpg
まさに1投目からヒットしそうな状況・・・




一歩一歩慎重に、 でこぼこの岩を 足首こねながら歩く心地よさ、
時には胸まで潮に浸かりながら目当てのサラシに向かいます。
これほど心躍る遊びなんて他には無いなと 喜びを噛みしめながら、 二人でキャスト開始・・


しかし期待とは裏腹に、 キャッチどころか かすりもしない。
前日は荒れ過ぎにてクローズのはずで、 本日はフレッシュな環境の予定でしたが、
Extremeなアングラーのアプローチがあったかもわかりません。
竿抜けを探し、 より深く探るもヒラスズキからの返事は皆無、 残念・・
いつも思ったようにいかないのも、釣りを長く、楽しく、続けられる要素の一つでもあります・・  涙

ここまで反応が無いと見切りも素早く!  時間帯の良いうちに次のポイントへ。
ここは、 ほぼアングラーと会ったことの無い とても懐かしいエリア。
昔、 日の入り近い時間まで良く歩いていた場所。
但し、 ここはヒットの条件はベイトのみに左右されがちですが・・






足場の高いところや、

d0226214_22152445.jpg




シャローとが、 バランスよく混在していると飽きませんよね。
d0226214_22155680.jpg





何度も何度も打った場所での待望のヒット!
何故だか ちゃんと理由はあります。

d0226214_22160806.jpg
こんな、 滅~っ多にないシーンをカメラにおさめてくれました。
単独釣行では まず無理です。
ジムノペディさん ありがとう。





d0226214_22161980.jpg





当たりは 本当にぽつりぽつりです。
d0226214_22163190.jpg




よく歩きましたが、 やはりGWの釣りはこんなものでしょう。
そして時間の経過とともに、 ヒットに持ち込める規模の波が見当たらなくなりました。

d0226214_22164393.jpg
この後 間もなく始まる鮎の解禁日に備え、 急いで河川の下見に走りました。

ジムノペディさん、 これから忙しくなりますね   笑









[PR]
by kobochan28 | 2017-05-09 21:08 | ヒラスズキ | Comments(6)

魚はどこだ?!




4月上旬、 磯ヒラの反応もやっと上向きになりかけていたのですが、
その後まさかの二週連続釣果無し・・・

今回なんて朝5時過ぎから昼前まで休憩無しの磯歩きの中、
セイゴのワンバイトのみという貧果。
ならば夕まずめ、 潮が返した時の地合いを狙え!!!
なんて若い時のような元気はとてもありません。


で、 潔くメットを置きます。  ( 最近何でもあきらめが早い・・ 汗 )
d0226214_15485225.jpg

しかし、 この時期にしてはとても状況が悪すぎる。

なぜ?

水温が低い・・ 
潮の色が悪い・・
決定的なのは、 この季節このエリアに多いはずのカタクチイワシの不在。

知り合いの地元漁師さんとも話しましたが、 周辺の水温が低く 潮の色も不自然に緑がかり、
周辺の漁港を活気づけるブリはもちろん、 サバやカタクチも獲れないとのこと。
ヒラスズキをバイトに持ち込む為に必要な「サラシ」が、 出現してから消えるのも幾分早い気がします。



反面、 付近の陸上は・・
d0226214_15450000.jpg
何もかもが高活性に見えます・・
画像:アコウ( タコの木 )





翌日は西磯に向かおうかと思ったが、疲れに寝不足が重なっている状況では・・
で、 4年振りにトラウトロッドを握り実家の近所の仁淀川へ。



雨で増水中の川面を捲ると・・・

d0226214_20563180.jpg
若鮎の気配も・・




結構な雨の中の釣りで、 水位ぐんぐん上昇中となればサツキマスも遡上モードか?
バイト無し・・


きれいな景色に癒されて・・
d0226214_15453256.jpg
今回も無事魚釣りが終了しました・・  涙



と、 言うより 魚はどこだ??!!
















[PR]
by kobochan28 | 2017-04-30 22:55 | ヒラスズキ | Comments(4)

温んできた故郷




ここ3週連続のヒラスズキ釣行ですが、 先週はホント寒かった・・・
四国東部の先端付近にて、 正午の時点でほぼ7度。
朝は8時過ぎから氷雨が降り始め、 真冬用のインナーを車に取りに戻らなければならないほどでした。

反面、 今回は南がらみの風が吹き、
少々の雨を伴うもののとても温かい朝で・・
久しぶりに磯のあちらこちらにアングラーの姿がありました。






そして11時には終了・・
バイトは5回、 掛けたの4尾、 獲ったの2尾。
d0226214_21571275.jpg
サイズも前回、 前々回より少し良くなっています。




4月にもなると日の出時刻が加速して早くなります。
それに伴い睡眠不足がとても体にこたえます。
でも、 その日幸運にもヒラスズキの姿を拝む事ができれば、
帰途に要する3時間超も全然楽なんですよね・・  笑









そうそう・・・
前回キープさせて頂いたヒラスズキを、
釣師で料理人である SB HAMAちゃん の 「 特製バジルソース 」を分けて頂き・・
d0226214_20343833.jpg
からめてフライパンで焼いてみました。

バジルの香り & スパイシーでガーリックが効いたのコクのあるソースと
ヒラスズキの皮のカリカリ感が まさに絶品でした !!
無くなったら宜しくお願いしますね ♪











[PR]
by kobochan28 | 2017-04-06 21:33 | ヒラスズキ | Comments(7)

鼻を洗いに・・・  笑




3月初旬・・
今年は 長年患っている花粉アレルギーの季節は来ないのかなと思うくらい
鼻の調子が良かったが・・・

それは3月8日に突如としてやってきた   涙
今年もついに来たかと、 特効薬 ( 点鼻薬系 ) を頂きに病院にお伺いする。
僕は小学校高学年ごろから花粉アレルギーが発症し、 あらゆる薬を試したり、
鼻の内部を焼く手術や、 副鼻腔内にパイプを通して膿を定期的に排出したりと
色々なことを試したが、 どれもがうまくいかなかったけれど・・・
40歳あたりでこの特効薬と出会い、 症状も軽減され比較的楽でいられるようになりました。



そういえば、 もう一つすごい特効薬がありました。
このつらい季節、 ヒラスズキ釣行にて磯で頭から潮をかぶり、
塩分を含んだ水蒸気を 鼻から いーっぱい 吸い込むことで、
鼻腔内を洗浄する効果が得られているのかどうか、
2~3日位は楽になるのです。





で、 治療に行ってきました  笑

どピーカンの中、 サラシを割って出てきてくれたヒラスズキ・・・
d0226214_21410713.jpg
治療の副産物としては出来すぎです。  笑


諸事情で今年初めての磯ヒラ釣行となりましたが、 
既にホームの空気や草花の装いは春爛漫ってとこでした。 
今回魚はありがたくキープさせて頂きます。
鼻の通りも今のところ快適です ♪




病院の先生曰く・・
アレルギー( 鼻水鼻づまり )は外部から侵入した異物( 花粉等 )に対し、 
過剰反応( 過剰に鼻水が排出され、 内部が腫れて気道が狭くなる )を起こして発症するものです。
歳も寄せてくると、 いつのまにか治ってた ( あるいは症状が緩和される ) と
いう事もありますよ  との事・・・

要は・・   侵入物に対し、 鼻水が出るのは正常な生理現象なのだが、
加齢によって反応も鈍くなって鼻水もあまり出なくなり、 症状が緩和されるという事らしい。

あんまり嬉しくはないですよね~   苦笑














[PR]
by kobochan28 | 2017-03-12 21:40 | ヒラスズキ | Comments(10)

いつまでも若いと思うなよ !!


1月後半に入っても 絶好の激荒れコンディションを避けて、 
ゆる~く ぬる~いエギングばかり行く私。
荒れたら磯ヒラに行かんといかんろう!!!と、  心の中の仙人は叫ぶ・・
どうも一度ぬるま湯に浸かったら・・ これがまたなかなか・・・    苦笑

で、 ばちが当たったのか1月18日のこと・・
車を止めてからエギングポイントに足を運ぶ過程の中で、 まずは急な坂道からスタートするのだが
ここを一気に駆け上がるのが僕のいつものウォームアップ・・
そのウォームアップのさなか、 自分のふくらはぎに大きな石が飛んで打たれたような感触。
直後激痛、 1~2分うずくまるも すぐに回復することを信じていたのだが、
いつまでたっても痛みはとれず・・・

地面に足を置く角度によっては とても耐えられそうにないが、
諦めの悪い僕は 足を引きずりながらの不安定な体勢での釣りを開始。
なぜだか こんな日に限って2.1、1.2、1.1、0.9、0.9、0.6kgと 良い釣りができた・・  爆

昼前には納竿し、 帰って整形外科で診て頂くと肉離れ・・
内出血はひどく ふくらはぎが大きく腫れ、 筋肉が切れて縮んでいるのか 歪な形・・・
先生は、 根治に早ければ10日、 長ければ一か月かかるでしょうとの事で 今でほぼ一カ月。
途中、 無理して他の部位も悪くなったり・・   の繰り返し・・



でも そろそろテーピングもとれそうで、

d0226214_14325044.jpg

若干違和感は残るものの、 大股でのウォーキングはできるようになった。
しっかりしたランニングはまだ少々先か・・
毎日ずっと続けてきた、軽いランニングが一か月も出来ていないと たちまちベルトがきつくなり、
質の良い睡眠もとれていないような感じです。






あと半年弱で54歳になりますが、
ウォームアップの為のウォームアップが必要な年齢に達していたことに、 
今やっと気がつきました  爆

いつまでも若いと思うなよ!
ちょい今回身に染みました。






そんな中、 少し前の爆風でペディさんが磯へ出撃・・・
なまった僕には 超刺激的な磯ヒラ画像が、

d0226214_14265193.jpg
送られてきました!



どうやら彼の磯ヒラの記録が更新されたようです。
おめでとう!!

(できれば お尻の穴をツンツンして、おっ立て背びれで撮って欲しかったわ  笑)









[PR]
by kobochan28 | 2017-02-17 22:22 | ヒラスズキ | Comments(7)

準備万端





間もなく始まる鮎の友釣り・・・

ひょっとすると、 今シーズン分の針は既に巻き終わっているかもわかりません  笑
で、  準備は万端 !!!
d0226214_1394681.jpg

話は変わりますが、 一部のトラウトアングラーは この刺さりの良い鮎用イカリ針を自身で巻かれ、
お気に入りのハンドメイドミノーに装着しています。
これ以上鋭いポイントを持つ針は他にはないでしょう。
そのうち自分もトラウトに試してみるかもわかりません。

さて期待の今シーズンの清流はどうなんでしょうね・・・
想像するだけで眠れなくなります  笑
ですが・・     今はもう少しヒラスズキアタックです。

こちらヒラスズキの方ですが、 今 驚くほどのシャローで喰っています。
少々沖から追尾してきたものが、 腰くらいの浅場で喰っているのかもわかりません。
本流のミノーイングのように、 ロッド操作で鱒を表層まで誘い出して口を使わせる楽しさに似ていて
こたえられません。











今日も、 日中は暑くなりそうだ・・・
d0226214_1312390.jpg






この日も ドピーカンで、 8時あたりを超えると かなり日差しがきつくなり、
ヒラスズキの活性を下げる一つの要因となるのですが、
d0226214_1330881.jpg

反応は悪くなく・・

ファイト中の魚体が陽光に映え、 とてもエキサイティングです。





少々の波があれば、
d0226214_13552940.jpg

正午あたりになっても問題なく喰ってきます。
理由はここ最近のベイトとなっている、 カタクチイワシがかなり入っていること・・




深いバイトは 違和感なくミノーを吸い込んでいる証拠です。
d0226214_13322020.jpg



キャッチした、 どれもが体高しっかりで・・・
d0226214_1351983.jpg



とても綺麗な魚体でした。
d0226214_13581079.jpg

おかげで 釣り終了のきっかけが見当たらなくて、
竿を置いたころには足が棒のよう・・・   苦笑




こんなのもアタックしてきました。
d0226214_13404599.jpg

これはタタキで美味しく頂きました。
ですが、 体のどこに潜んでいたのか・・
鋭い小骨に悪戦苦闘。









そうそう・・・

もうあと10年ちょいもすれば、 天然鮎の多い河川と ヒラスズキの潜む磯が隣接した場所へ
引っ越ししようと思っています。
こちらの方も ぼつぼつ準備しなければなりません。

皆さん 遊びに  ( 呑みに 笑 )  来て下さいね ♪











[PR]
by kobochan28 | 2016-04-23 21:35 | ヒラスズキ | Comments(9)

久々ホームは ちょいExtreme



一ヵ月半ぶりの釣行は、
今シーズン初のホーム・・・





現地は・・
d0226214_22125949.jpg

前日の予報より荒れていました。







目当ての shallow areaは、 ほぼ全滅・・・
残念ながら、 足場が高い場所のみの釣りになりましたが、
d0226214_20413553.jpg

4尾出て3尾触って2尾キャッチ・・







d0226214_2220367.jpg

その後、 どんどん風があがり10時半過ぎには納竿し、
しっかり墓参りも済ませ高知帰りの目的を果たします。





久しぶりのホームのぬるい  「 かほり 」  は格別でした ♪
でもヒラスズキの本番は 少し先のようですね。









[PR]
by kobochan28 | 2016-03-19 22:21 | ヒラスズキ | Comments(9)

磯ヒラ のち 名勝 「栗林公園」




特に予定の無かった休日 ( 2/9 ) 前夜・・・

晩酌中、 ニュースを見ていると瀬戸内一体に強風波浪注意報が発令との事。
いつも頼りにしている波高予報データにて、 気になる遠征先をチェックすると・・
やはり朝一はダメ・・  9時過ぎても芳しくなく、 やっとお昼頃に良い波が入る様子・・・
しかも朝からドピーカンときた。
もうひとつ気分が乗ってこないが 家でダラダラするよりはと、 ヒラスズキ釣行決定は22時過ぎのこと。
急いで道具を愛車に積み込んだ後、 寝酒をさらに流し込む。
出遅れにて いつもなら完全寝不足パターンですが、 今の季節は日の出がとても遅い!
いつも明るくなってから磯にエントリーする僕は起床3時半位でも十分釣りになるし、
磯ヒラ釣行については寝不足は危険! しっかり磯に足が着いて歩けるよう少々の出遅れは気にしません。
状況によっては しっかり朝寝坊・・  笑
これもフレキシブルにスケジュールを変更できる単独釣行の良いところ。

そして、 出遅れ気味で現地へ・・・・
そこそこの西風が未明から吹いていたので少しは期待していたのだが、
やはり波無し サラシ無し・・・
よく利用する予報データの信頼性は さらにゆるぎないものとなる・・   涙
薄いサラシの上をトップや小型のシャローミノーで とっかえひっかえ通すも反応なし。
時折、 射程距離内に発生する鳥山めがけて しばらくグリグリとミノーを引いていたら、




「  ゴン ッ !!  」
  





少しの間、 青物と信じていました。
d0226214_936876.jpg

しばらく このサイズには出会えていなかったので、
とても嬉しい ♪




その後 ポイント移動を繰り返すも反応が得られない。
思い切って大移動を企てるが、 腰にあるはずである お気に入りのストリンガーが無い!

どうやら最初降りたポイントに忘れたようだ。
回収に向かえば時間的に大移動は無理。
泣く泣く再び山を降りた頃・・      海は本格爆風モードへと・・・

ルアーを15mも飛ばせないタフコンディションの中、 ラインスラックを少しずつ回収すると・・・
d0226214_915538.jpg

連発!!   でも風でヒラヒラするサイズ・・・   涙
3匹掛けても同じサイズが続き、 ライントラブルをきっかけに納竿しました。







急遽決定した往復630kmの磯ヒラ釣行からの翌々日・・
建国記念日は とても穏やかな良い天気で・・・
釣行後から ほったらかしのウェットスーツ等、 濡れものの後片付けにはもってこいでした。

昼からは小春日和に誘われ、 梅の花でも見に行くかと 地元 高松市の 栗林公園 へ・・・
d0226214_8265689.jpg









逆に近すぎてめったに行かないのですが、
d0226214_8273187.jpg

春の桜はもちろん 夜桜や紅葉の季節のライトアップの美しさは有名で、 多くの方が訪れています。









実は ここ栗林公園・・
d0226214_9404697.jpg

国の 「特別名勝」 に指定されているらしい。









僕がここに最初に訪れたのは、 まだ高知に住んでいた頃・・・ 
d0226214_11362770.jpg

小豆島、 屋島、 そして この栗林公園は 僕が通っていた小学校の修学旅行先なのでした   笑









飛来峰からの眺望です。
d0226214_9431972.jpg

ここで沢山の中国の方が自撮りしていました。
今日の来場者の半数は春節を利用した中国からの旅行者のようです。







2月だというのに・・・
d0226214_10522990.jpg

水温が高いのか、 鯉もじっとしていません。








とても温かく過ごしやすい一日でしたが・・   がっ、
磯歩きよりも 公園一周する方が疲れるのは何故でしょうか・・・   笑
















[PR]
by kobochan28 | 2016-02-13 17:31 | ヒラスズキ | Comments(10)

サラシの珍客




遅ればせながら僕のヒラスズキがシーズンイン・・   汗
先日1月19日の爆弾低気圧でのこと・・・

ファイト中、 サラシの奥から届けられた いぶし銀と異なる輝きに違和感を感じながら・・・
大波に乗せ 岩盤のテーブルにずり上げた魚体に目を疑う。







またかい・・・    苦笑








驚きと落胆が交差しながら膝を折れば、
d0226214_1434578.jpg

いつもより やや前よりの眼差し・・
ずんぐりとした体形・・
くすんだ金色・・



お世辞にも美人とは言えないけれど、
d0226214_21143178.jpg

この爆風と大波に潜んで、 疑似餌にアタックしてきた積極性に敬意を表し、
爆風の影響で強いカレントとなった外海につながるプールに丁寧にリリース。
押し込む流れに逆らって 元気に帰って行きました。


そういえば5月の本流にて、 お気に入りのミノーを瀬の中に投じ、
トゥイッチしながらミノーをドリフト中・・・
少々瀬尻を通過しすぎたと感じた時にはもう遅い・・・
ギラっと反転したのは いぶし銀のサツキマスでは無く、 くすんだ金色・・・

海か川かの違いなんですが、 良く似たシーンで笑えます。







その後は小さいのが2本・・
d0226214_20235688.jpg



でもでも いぶし銀です。
d0226214_20524219.jpg

サラシから出せばこそ !!
サイズは関係ありません・・・   涙

そこそこサイズだった2本は予定どおり、 しっかりバラして終了と思いきや・・・





最後の最後・・
パラパラと太平洋に あられが降り始めた頃・・・
こんどは雷魚並みにシェイプされた、
d0226214_2048824.jpg

またもサラシからタイリクスズキ・・・

こんなんに限って  ぜ~~ったいバレないんですよね   涙





さて話は変わるんですが、 明日は西日本に40年振りの大寒波が襲来するそうです。
皆さん、 こんな日は釣りに行かないようにして下さいね・・・    笑












[PR]
by kobochan28 | 2016-01-23 13:29 | ヒラスズキ | Comments(8)

まだまだ 鮎がらみ・・・




今シーズン友釣りに没頭していた方へ・・
禁漁となった今はどうしていますか?
道具のメンテ、 片づけはちゃんとできましたか?
まだまだ気持ちを引きずってはいませんか?

僕は10月13日に納竿以来、 気持ちを一掃すべく10月は一日中家の掃除をしていました・・・  爆
で、 なんとか11月には気持ちを切り替えられました  笑





春、 海から遡上した鮎は初夏より熾烈な縄張り争いを繰り広げ 秋には河口近くで産卵し、  
わずか1年の短くとも激しい生涯を閉じる。
鮎たちは ほぼ産卵を終えたであろうこの季節、 弱ったまま あるいは亡骸を海に届けます。

冬の季節風が本格的に強まり、 磯のヒラスズキ釣りの始まる12月中旬位までは、
そんな鮎達に群がるサーフのヒラスズキを狙います。
僕の釣りは まだ何かと鮎がらみ・・   笑

降雨の状況、 潮、 時間帯、 天候によりポイントをチョイス。
一晩中ロッドを握ることは最近少なくなりましたが、 それでも3河川以上はランガンします。
アングラーの多い人気大規模河川よりも 小規模河川をテンポよくランガンする方が釣果が伸びますが、
やっぱり一人は寂しいです...





11月からの釣行は雨も多く 毎回ほぼ二桁のバイトはとれていましたが、 
先日は寒波の影響で波が高く、 ルアーがブレイクする波を越えられません。
夜中の地合いはあきらめて車内で仮眠・・・
朝も少しキャストしましたが、 やはり波が高すぎる。

場所変え決行、 空の片隅が明るくなり始め焦ります。
打てる場所を探し 河川ランガンを繰り返し・・・


d0226214_15183545.jpg

喰ってきました ヒレピン・・     疲れました・・・  苦笑



ルアーを外そうとすると・・
ありゃっ?  

d0226214_23514567.jpg

顔の側面にチャートバックのサラナ?
そんなルアーつけてなかったし・・・
で、 反対側見ると自分の装着したシャイナーの140がある!
サラナのフックは錆でボロボロ、 1.5m位のリーダーが付いている。
どうやらラインブレイク後、 結構長い時間ルアーが付いていたようです。
でもコンディションは悪く無く、 エサもしっかりとっていたと思われます。
( なのでルアーにヒットした訳で・・・ )




しかし急に寒くなりましたね・・・
そろそろ愛車もスタッドレスタイヤに交換です。
エキサイトな磯ヒラシーズンも間もなくです。


  
[PR]
by kobochan28 | 2015-11-28 14:55 | ヒラスズキ | Comments(8)