1963年8月生まれ。      修行の足らない仙人の日記です。サツキマス釣りが好きでシーズンは一日中河原を歩いています。  大昔やっていたヒラスズキ釣りを復活させるも太平洋の大波や寄せる年波にも苦戦。


by 仙人

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体

ヒラスズキ
鱒、ヒラスズキ

ウインドサーフィン
その他

Link

画像一覧

最新の記事

大鮎最盛期
at 2017-09-17 18:00
友釣りシーズンなんですが、
at 2017-07-14 23:21
ようやくの梅雨入りで・・
at 2017-06-25 15:43
祝! 2017解禁
at 2017-06-11 13:52
GWのプレッシャー
at 2017-05-09 21:08

記事ランキング

以前の記事

2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月

検索

タグ

ブログジャンル

四国
釣り

最新のトラックバック

Cool stuff o..
from Cool stuff or ..

ライフログ

カテゴリ:ヒラスズキ( 64 )

春は来る



今年一月の お話で・・・
高知の実家で母と暮らしていた祖母が、
奇しくも 101歳のなんと誕生日に逝ってしまいました。
お酒が大好きで、 亡くなる前日まで大好きな焼酎を呑んでいました。
送り出す日は、 不思議と涙腺が緩む事も無く・・・
101回目の誕生日の お祝いのような気持ちでした。
僕の釣ったヒラスズキの刺身を 美味しそうに食べる姿がいつも思い出されます。
若い頃は 仁淀川のほとりで育ち、 とても魚の好きな人でした。

残念ながら102回目の春は来なかったけれど、
まさしく天寿を全うしました。
おばあちゃん・・・   たくさんの想い出をありがとう。







そして春分の日・・・
春の磯は多くのアングラーで賑わっていました。
朝の遅い自分は、 B級ポイント徘徊を余儀なくされ・・・ 汗

そこで たまたま出会った、 地元若手アングラーさんのアドバイスを頂きました。
地元ならではの非常に細かな検証に 関心させられる事しきり・・

釣果の方は・・・    3の1の1                                               ( 三つ当たりがあって、一本掛けて、一本取った ♪ )
d0226214_17165077.jpg

皆が敬遠する 横なぐりのババ吹きエリアで・・・






どピーカンな 春の空の下、 ラッキーな一尾 ♪
d0226214_1958851.jpg

今年も 僕に春は来たようです。





4月から高速の平日料金が あがりますね・・ 
  
よっしゃ、 もう一回行くぜよ!!  笑

[PR]
by kobochan28 | 2014-03-25 16:14 | ヒラスズキ | Comments(5)

季節は shallow に




例年最も忙しいこの季節。
磯に行けなくて悶々とする日々が・・・

それも やっとピークも過ぎて、 そろそろ行かなきゃ・・   なんて考えていた頃、
未明の地震 !!!

それから寝付けなくなった僕は 南に車を走らせる・・・







低気圧通過直後の 現地の様子は、
d0226214_21514398.jpg

既に どピーカン・・








前日からの大荒れによる濁りに翻弄されながら、
逃げ場所を求め、 大きく回り込んだそこは・・
d0226214_21525759.jpg

足首を挫きそうな いつものゴロタ地磯。









大潮の最干30分前・・・
水深腰くらいのプール内に、 残りヒラスズキが まだ居てました ♪

およそ一ヶ月半ぶりの 気まぐれな磯ヒラ釣行でしたが、
d0226214_21544528.jpg

ようこそ僕のルアーに喰ってくれました。

一枚一枚の いぶし銀の鱗に陽光が反射し、 きらきらと輝きます。
少しの間ですが、 時間が止まります・・





サイズの割に とてもパワフルでした。
産卵後も しっかり体力回復できているよう・・

今年も 大好きなシャローゲームの季節がやってきました ♪

[PR]
by kobochan28 | 2014-03-16 21:55 | ヒラスズキ | Comments(10)

stormy な一日




この日、  午前中は つまむようなバイトばかりでしたが、
4カ所目となった 昼一番 ・・
d0226214_21573782.jpg

良いサイズが・・  ♪

最初見切られ反転したものが、 場所を10分程休ませ ルアーチェンジ後・・
一発で食ってきました。






この頃から、 海は stormy なコンディションに変貌。
吹き付ける爆風に負けないよう、 キャスト毎に足元のポジションを確認します。

そして、 ヒラスズキのスイッチが やっと入り・・・
d0226214_21124883.jpg

でも写真は全て、 潮のシャワーで ピンがボケボケ  汗







違和感なく・・・
d0226214_2110398.jpg

ヒラスズキがミノーを吸い込んでくれます・・   が・・
今日のコンディションは、 スラックを意識して出さないと ミスバイトを誘発します。

もちろんスラックの量は目視で調整するので、
サングラス越しにラインを注視します。
でも大量に降り注ぐ潮のおかげで、 サングラスや カメラレンズまでもが曇り苦労します。
海の場合、 塩粒が残る分 始末が悪いです。






そんな今回の、 僕みたいに ボーっとした鉛色のピンボケ画像達は・・
d0226214_21122078.jpg

哀愁が漂います   苦笑

久しぶりの二桁キャッチも、 最初の一尾以外は
60~65までと もう一つサイズが伸びません。





そういえば、 お洒落なブローチをつけたチヌも釣れました  笑
55cmもあります。
d0226214_2113289.jpg




このでっかい ブローチ見たら・・
d0226214_2114286.jpg

ちょっと引いちゃいます  汗
タイノエ って言う寄生虫らしいです。
鳥羽水族館で 6年間絶食中で話題の ダイオウグソクムシに似ていますね。









帰って 即注文したのはこれ・・

ポート ドライ

「 サーフィンカメラマン愛用の強力撥水剤です。
特に半水面など水しぶきがかかる撮影に効果的です。
また、水滴の跡の防止にも一役買います。
水切れが早く、 跡が残らない優れものです。 」

との説明が・・




さて、 使い勝手の程は?

[PR]
by kobochan28 | 2014-02-06 20:54 | ヒラスズキ | Comments(11)

とおりゃんせ




暗いうちからポイントへ入ったのは何年振りか・・
この車止めには、 ごくたまに グレ師の車を見かけるのだが、
爆風という事もあって、 今日は僕一人である。


久々の暗い山道は気味が悪い。
ポイントまで約30分弱を 一人で歩かなければいけないのが ちょっとつらい・・
20mくらい先で鹿のような動物が横切り、 ゾクッとする。
爆風で木の葉がこすれる音も、 あたりが暗いだけに精神的にこたえる。
もう少し明るくなってから 入れば良かったと思うも 後の祭り・・
意を決して進みます  苦笑


すこしづつ視界が開け、 磯場についたとたん体が浮いてしまいそうな爆風。
しかもまだ薄暗い・・・
這うような体勢で 慎重に下に降りる。


申し分ないサラシが目の前に広がっている。
見た目は、 ルアーを見つけるや否や 一発でヒラスズキがバイトしてきそうな状況。
しかし、 風があがったのはつい1時間程前・・・
吹き始めた直後は 総じて良い思いをした事がない。


予想的中・・
周辺5カ所位のサラシ打ちは空振りに終わり、
ますますあがってくる風に恐怖を覚え、 このポイントを後にする事とにした。


海は どこもかしこもポイントに見える。
できるだけ風を正対に迎えられるポイントをチョイスし、
風の影響を最小限にする。
少しでもルアーが風心をずれると、 たちまちラインに引っ張られたルアーが横っ跳び。
しっかり水を噛むルアーや重いバイブしか使えません。
写真では そうでもなさそうですが・・

この日始めての ヒラの貴重なバイトが一発・・・
d0226214_16384937.jpg

出るが乗らない・・


かなり早いとは思うのですが、 産卵からんで来た可能性も捨てきれません。
次々ランガン、 青物らしいバイトが二度ほど・・  これも乗りません。





時間は昼を周り・・・  帰りの事を考えるとぼつぼつ終了か。
空は鉛色・・  時折ひょうが降り、 結構体が冷えてきた。
もうひとつ気分が乗らないが、 移動中眼下に見えた、
小さな竜巻が現れては消えているポイントに 降りる事にする。
d0226214_17164895.jpg

結構距離があるが、 帰りは休み休み登ればなんとかなるだろう・・


山道を降りはじめて次第に道が無くなるが、 そのまま強制藪こぎ・・
昼間の時間にもかかわらず、 覆いかぶさる木々で鬱蒼としており、
藪から飛び出すキジですらドキリとさせられる。
しばらく行くと、 古い石垣を段々に積んである場所に出る。
誰が何のために作ったのか、 かなりの段数。
その横に沢の流れの痕があり、 これに沿って下ると 少しづつ波の音が聞こえてきた。
出た所はゴロタの浜。
元きた登り口を見失う事の無いようマーキングし、
右に見える磯場先端へ移動する。
激しい横殴りの風といっしょに潮の飛沫が頭から降り注ぎます。
ここでのキャストはほぼ不可のようです。
そして、 もうひとつその先に見える先端を確認すべく移動。
もうかなり疲れが脚にきているなと思った時、
知らない間に歌を歌っている事に気が付きました・・・



    とおりゃんせ  とおりゃんせ
    ここはどこの 細道じゃ
    天神さまの 細道じゃ
    ちょっと通して 下しゃんせ
    御用のないもの 通しゃせぬ
    この子の七つの お祝いに
    お札を納めに まいります
    行きはよいよい 帰りはこわい
    こわいながらも
    とおりゃんせ  とおりゃんせ・・





結局、 最後のポイント確認後も 竿を出す事無く、
もと来た道を 休み休みゆっくりと戻りました。
帰りは、 行きの倍以上時間がかかりました。
この時点で納竿し、 帰りの積雪による高速通行止めの心配が的中。
山のど真ん中で高速を降ろされ、 道中はヒヤヒヤもんでした。
とにかく疲れました・・・






帰ってよく考えてみると・・
何故、 あの時 とおりゃんせの歌を歌っていたのか・・

あとで背筋が凍りついた。
間違いなく、 誰かに歌わされていたのだ!!





通りゃんせ・・・    ご存じ、 わらべ歌なんですが、
昔から伝えられ歌い継がれてきた子供の遊び歌である わらべ歌の歌詞には、
意味不明のものや、 よく考えると恐ろしいものが多い。
少し調べてみると、 口減らしに関係していたという・・


今回は、 ちょっと怖い ヒラスズキ釣行になってしまいました・・・

[PR]
by kobochan28 | 2013-12-29 16:40 | ヒラスズキ | Comments(9)

ちょっぴり早い クリスマスプレゼント!




彼から ヒラスズキを獲ってみたいと
相談があったのが去年の話し・・・

シーズンの事や道具の事、 ポイントの事をアドバイスさせて頂き、
まずは自らの力で一尾を獲ってくる! と彼・・

何回かのチャレンジの末、 サラシの一尾とめぐり合えたとの良い知らせ・・・
写真を見せてと尋ねると、 残念無念・・
メモリアルな画像と共に、その日カメラが磯で行方不明になったとの事。
なんとか 一尾を獲ったと言う事で、 始めて釣行を共にしたのは今年の初夏・・
この時彼は 残念ながら1バラシと キャッチに至らず。






そして季節は 寒風吹きすさぶ 師走に突入。  
はや クリスマスまで10日を切った この土日・・
彼と再び1泊2日のサラシ打ちの旅へ。

2~3日前の予報と比べ、 状況の悪化が気になりましたが、
これも釣り・・
状況悪い中で、 釣れなくとも何かしら小さな発見があれば それも収穫。




開始早々・・
d0226214_2222620.jpg

僕に 背っぱりが ヒット !
他の人に ブツ持ち撮ってもらったのは2年半ぶり? 
めっちゃ 気持ちええわ~  笑
僕らの幸先良い釣りの始まりです。




青空の下・・
d0226214_22224283.jpg

冷たい季節風も 心地良く感じます。
でも波たらんし・・・ 汗



あちらこちらランガンする中、
結構マニアックな場所、 良く知ってる!
これも、 随分昔からフカセ釣りに慣れ親しんだ 彼ならでは・・






予想通り、 十分なサラシが得られないまま迎えた2日目の朝・・
そんな彼・・   「 事務局長さん 」   のロッドが大きく曲がった!!

急いで彼の傍に寄った時には、
既に 体高のある立派なヒラが足元に・・・



ズッシリとした ヒラスズキの重みを両腕に感じ、
至福の時を迎えた彼を・・
d0226214_22231867.jpg





写真に おさめる・・   僕も また幸せ ♪
d0226214_1010897.jpg

おめでとう!!







その後は、 必要なサラシを形成する 季節風の通り道を探しながら・・
d0226214_22243235.jpg

ランガンまくります。





お昼も とうに過ぎた・・     いよいよ終盤ってとこで、
d0226214_2225284.jpg

事務局長さん、 知らん間に釣ってるし・・  
釣れたら大きな声で  「 ふぃっしゅ 」 って言うんよ!!  涙








事務局長さん・・
寒かったですか?

そんなわけないよね~    笑

お疲れ様でした!

[PR]
by kobochan28 | 2013-12-17 22:46 | ヒラスズキ | Comments(8)

今年も開幕です




先日は、 久しぶりにサーフでの釣りを満喫しました。
d0226214_2221133.jpg


早朝、 広大なサーフでの釣りは とても気持ちがいいものです。
日頃のストレスを ルアーに乗せて・・
「 いっしょに飛んで行け~~~ 」 って思い切りキャストしてきました。
( キャストしてきただけです・・ 涙 )





さあ、 磯ヒラの仕切りなおし・・
前回は サイズ的に とても開幕とは言えず、
今回こそは! と往復640kmの旅。

またまた日の出に間に合わず・・
山道を辿って海に下りたのは 7時半。
風が良く吹いています。
ラインに風をはらませ、 サラシの濃い磯際を漂わす・・
ラインは 張らず弛めず・・・
カンッ! と鋭いバイトが出るが 弾かれる・・
数投目、 ラインのが走るのを確認し 今度はしっかりフッキング!
60cm位かな~ と ゆっくりランディングポイントへ・・
「 よし・・ やっとシーズン開幕や!! 」
と、 思ったら、

マルやん !?
d0226214_13202053.jpg

75cm位の・・
なんかタイリクっぽいし・・
まあプレミアムな 磯マルと言う事で。。  苦笑

そして、 どんどんランガン・・
シャローの良さそうなポイントで、 バイトがあっても プルプル バシャッ が 3回程、
魚が小さいのか、 しっかりフッキングできません。


次のポイントも サラシの状況は良いのですが 反応なし・・
少し前に 衝動買いした ショアラインシャイナーZ? 140?
逆風ついて良く飛ぶので、 気持ち良いな~と 10分程キャストしていたら
ズンっ と乗った、 ぷりぷりの青物・・
d0226214_13204343.jpg

おいしそう ♪



次は爆風ポイント・・
風が良く抜けるので、 足元のポジションをしっかり確認。
岸から5~6m位に 良さそうなシモリ・・
その間を沖から早巻きでトレースすると、

    カ ン ッ !

足場が低く、 磯際まで出られないので 根擦れ120%・・

一旦魚を沖へ出そうと試みる・・  が、 逆に足元へ突っ込んでくる。

案の定、 手前の岩にラインが触れ・・・

いやな感触・・  魚も動かん・・

どうしようか思案していると、 向こうから お助けのドカ波が・・

魚が波に ふわり と乗って、 根ズレから開放された!

そして、 魚がしっかりバットに乗った感触・・

ド ッ カ ー ン  という波しぶきと一緒に・・
d0226214_13335224.jpg

まずまずの魚が足元に。



その後、 チビ追加して・・
d0226214_13221811.jpg

なんとか ヒラスズキのシーズンが開幕しました。
足腰の鍛錬もかねて 今年も がんばります!

[PR]
by kobochan28 | 2013-11-28 12:51 | ヒラスズキ | Comments(10)

around fifty の憂鬱



術後は なんとか順調ですが・・
年齢と共に、 好きな遊びをするのも少々億劫になり、
術後のせいか、 around fifty のせいか・・
いや、 間もなく55歳を迎える ガスやさんや 団長さんなんて、
around 還暦 ( アラ還 !? ) だって! 恐ろしい・・・
でも、 僕よりも随分元気だったりするので、 今度秘訣を聞いてみようと思っていた頃、
期を熟して? 開催された、 スズキ釣り大会  「 団長カップ 」   笑

一年ぶりの 鳴門方面で再びロッドを握り、 団長さん率いる面々は 東方面へ
僕はガスやさん、 事務局長さん、 と西方面へ移動後、 並んでキャスト開始・・
キャスト早々にガスやさんが  「 フィッシュッ!!! 」  の雄たけびをあげ、
d0226214_17384979.jpg

早々のキャッチ、 見事です。

この一尾で、 現場の雰囲気が いっきに盛り上がるも・・
その後は 沈黙が続き・・・

 


日の出を しっかり確認して、
d0226214_17391233.jpg

無事終了・・    お疲れ様です。




d0226214_21104879.jpg

キャッチされたガスやさん、 H社長のご友人の方、 おめでとうございます。
また、 多数の賞品を ご提供頂いた、 某サッシメーカー様 ありがとうございました  笑








さて、 そろそろ開幕するはずである 磯のサラシのヒラスズキも、
低気圧が思うようなコースを通過しない為、 ホームグラウンドのコンディションが整いません。
先週、 すでに開幕された メイプルさん のブログを拝見し、 
気持にも エンジンかかります  ( が ・・ 体が重いっ )
これなら! といったタイミングを見て、 思い切ってホームを飛び越えてみる・・

もしやの メイプルさんとのバッティングを考え、 メールを入れます。
超早朝の迷惑メールにも関わらず、 即反応してくれたメイプルさん・・ありがとうございました。
あらためて電話を入れると、 今日波あるの? って感じでした   汗




現地着・・
予定では、 車が揺れる程の風なんですが、
ウェットに着替えて恐る恐る山を下り、 海面を伺うと・・・ 
風向きが悪い!
というより、 波ないし・・・  涙  ( メイプルさんの言うとおりでした  笑 )

2ヶ所目を降りた所で見切りをつけ、 隣の県へ大移動。




約1時間後、 去年見つけた本命ポイントに到着・・
やっぱり無い・・
何が無いのよ?!   
波が・・   涙

少しでも大きな風波が シモリを通過した瞬間を見計らい、
ルアーをとっかえひっかえ、 ネチネチと攻めた結果・・・
d0226214_2091835.jpg

3バイト1キャッチは幸運でした。
チビなんですが・・  苦笑





本命ポイントの帰り道、 (運動不足で足が重っ!) 
差し掛かった民家の庭先にいらっしゃった おばちゃんに ご挨拶。
「 ありがとう! いつも通らせてもらっています!!   ハアハア・・  」

そうすると・・
「 先週、 大きなの2匹持って帰りよったよ ♪ 」  って・・  汗
( ここってメジャーポイントだったのね・・  涙 )






そして帰り道・・・   
西村好仁さんのお店、  癒しの ニシムラモータースへ。
アカメの赤ちゃんとの再会。
d0226214_17405176.jpg

あれっ、 春からあんまり大きくなってないな~
と 思ったら、 新たに来た 赤ちゃんアカメでした。
チビなのに、 見る方向によって しっかり目が赤かったりします。



これも新たに設置された、 四万十産メーターオーバーの マルスズキ
僕も こんな立派な尾に・・・
d0226214_17412317.jpg

いっぺん、 頬っぺた はたかれてみたいな~と思っていたら、 
早、 もうこんな時間!?




奥様が いれて下さったホットコーヒーで、 生気をしっかり取り戻し、
d0226214_21351558.jpg

1時間以上の営業妨害の後、 ( 失礼しました・・ )  家路に着きました・・・



そういえば、
お店を出た瞬間、 握っていたのは こちら・・
d0226214_17422369.jpg

好仁さんとこの ステッカー !  ( ありがとうございました )


お気に入りのタックルに貼って、
今シーズンも モチベーションあげていこう ♪

[PR]
by kobochan28 | 2013-11-21 17:33 | ヒラスズキ | Comments(7)

潮のカーテン




磯でヒラスズキを狙っていると、
時に、 潮の飛沫で まったく前が見えなくなったり・・
頭の上に降って来た潮の塊の重量に おどろかされる事があります。



頭から潮を被れば、 サングラスの視界がぼやけ 結構やっかい・・
そんな時は山からの小さな流れを見つけ潮抜きします。
この頃は10cmに満たない稚鮎が そんな細流にさしており、
座り込んで観察・・・
釣りが10分程中断します  笑


防水のカメラレンズも潮を浴びると、 画像がぼやけてしまいます。
でも、 一味違う仕上がりになったりして、
意外と それが良かったりします。








そんな潮のカーテンの向こうには・・・
d0226214_22263271.jpg

何があるのだろうと・・
期待を込めて、 でもビビりながら・・ 笑   安全第一で突き進みます。





話は変わりますが、 ヒラスズキは最近この方向からが・・
d0226214_2227449.jpg

一番セクシーに感じます・・  笑
女性も一緒かも・・  ↑   爆

6月に入っても ヒラスズキは良く当たっています。









さて頻繁に釣りには行っていますが、 ブログの更新に 「 よいしょ 」 が要るようになりました  苦笑


ガスやさんを無理やり歩かせた 「 アングラーズストップの瀬 」
まさにアングラーの進入を拒む難所でした。

眼下にある・・
吸い込まれそうな崖のエグさに・・・
d0226214_23245240.jpg

さすがのガスやさんも躊躇・・

残念ながら今回は反応が無かったですが、 間違いなく鱒の付く条件は揃っている筈!
次回に期待ですね。




断腸さんから 97cmの サワラのおすそわけを頂いた翌日は、
さすがに重い腰をあげ・・
d0226214_22302290.jpg

穏やかで生命反応の無い海面で、 断腸さんの頼れる 大きな背中を見てきました  笑




そして、 3年越しで自らの力で初磯ヒラをキャッチしたF君・・・
おめでとう! の気持ちを込めて、 先日ご一緒させて頂きました。
d0226214_22305230.jpg

1尾をキャッチする執念を 見て頂けたかな~   笑

次回も頑張って歩きましょうね。





さあ、 そろそろ鮎の季節なんですが、 
もう一回位、 潮のカーテン開けに行きたいな・・・ 

[PR]
by kobochan28 | 2013-06-14 21:25 | ヒラスズキ | Comments(10)

ぬる~い ゆる~い いつもの幸せ





基本、 自宅でしっかり睡眠・・   早朝向かうのが いつものスタイル。
就寝前に 磯へおもむいたのは何年振りかな・・



とある漁港に寄り道・・  周りの状況から 傍にヒラスズキが潜んでいることを確信。
四角いコンクリートの足場から2投目に あっさりヒットしたヒラスズキは70UP・・・
やっぱり居たかと言うことで 写真も撮らず即刻リリース。
その後は竿を振ることもなく、 車中での晩酌が勝っていると感じた僕は 即納竿です  笑

 


翌日早朝・・・  
車窓越しの潮騒で、 少しずつ意識が目覚めへと・・
波の音で目が覚めるなんて理想的です ♪
前日の予報によると、 朝まず目のみが勝負のようなので急いで準備。
車外に出ると、  いつもの ぬる~い ゆる~い 心地いい空気が体を包み込みます。





気になる 朝一の磯は・・・
d0226214_2362065.jpg

ほど良いうねりが届いていました。

潮は悪いですが、 ( 選んでいる訳ではないが 何故か いつも悪い・・  爆 )  少しのメリットも・・
干満のスピードが遅いという事・・  ( と、言うよりは 潮位の変動が少ない )
サラシさえあれば、 理想の潮位にハマった多くの個所を  慌てず ゆるりとチェックできることです。






久しぶりのセルフ撮影・・
d0226214_2361319.jpg

感謝を込めて、 磯の上で正座です  笑
いつもながら 一人ブツ持ち撮影は大変です  汗





たくましい背中の筋肉や
d0226214_23724.jpg




立派な太い尾・・
d0226214_1222596.jpg




それらが発する 燻し銀の輝きは、
d0226214_2375042.jpg

キャッチ直後に カメラへ収めた証しです。



幸い 5尾のファイターと渡り合う事ができ、 結~っ構 疲れて昼には終了  ^^;
結構、 軟弱・・・  苦笑

この日は トルクフルな青物も混じり、 満足な一日でした。









そして・・  やっと手に入れた TALEX CACCHU 採用のサングラス。
d0226214_6164137.jpg

レンズは、 釣りがデイのローライト主体なので 最も使用頻度の高いイーズグリーン。

何よりメット着用の際は テンプルの薄いものが絶対です。
ジールなら、 使えるのは ネイキッドかエスパダくらい・・・
ここが厚いと頭が圧迫され、 またたく間に頭痛がおきます。
併せて、 装用を忘れてしまう ネイキッドの軽さは最高です。




前に使っていたイーズグリーンのレイバンですか?
前々回の釣行時、 小用で身の回りの物を振りほどいた時・・・
気がついたら、 踏んでますた・・・    涙

[PR]
by kobochan28 | 2013-05-22 23:03 | ヒラスズキ | Comments(11)

'13 GW Vol.1

   



仕事に追われ 追われて、 ついに追い詰められたGW前は 予定を立てる元気も無く・・・
黙々と仕事をこなしていたある日、 よーへい君から電話を頂く。
今年も、 相棒 トッティさんと帰ってくるようです。

しかし今回のGWは、 例年に無く穏やかな海になりそう・・  汗
予報を確認し 、 少しでもヒラスズキなコンディションをチョイス。




まずは前日入りし、 目的地付近で落ち合います。












お帰り!!!  笑
d0226214_20484327.jpg







そして、 そっこー移動した宴の会場、
漁港近所の居酒屋さんって・・・
d0226214_2229089.jpg
  
これ・・  侮れません。





地元の とても美味しい 海の食材とお酒は・・・
d0226214_20502477.jpg

僕らを容易に陶酔の世界へと・・   笑






また、 よせば良いのに・・
d0226214_2050529.jpg

冷酒も攻める・・   爆






車に戻り、 またまた よせば良いのに2次会突入   苦笑
d0226214_20511690.jpg

次回は やめようねって・・   
でも 多分同じ事になるでしょう・・  間違いなく ww











そして、 翌日・・
四時半起床で 当然の二日酔い  爆
現地へ日の出着では、 一級ポイントと思われるエリアは当然 満員御礼   爆爆

その先にある、 西風が右サイドから吹きつけるエリアへ・・
d0226214_20521945.jpg







少々キャストしづらいですが、
d0226214_20531749.jpg







雰囲気は良いです ( 雰囲気だけはいつも良い・・  笑 )
d0226214_2054115.jpg








先端部のデンジャラスゾーンに踏み込み一発かけるが、 姿を確認できた瞬間フックアウト。

風向きの関係で、 良さげなエリアが以外と狭く・・
d0226214_20545092.jpg

パラダイスを求め、 歩き ( 泳ぎ  笑 ) 廻ります。
もちろん 無理はしません・・  安全絶対第一です!!





いよいよ 他のアングラーさんと干渉しそうなので、
大きく移動した先は・・   べたべたですが・・    汗

潮位が下がれば多少サラシも出そうなので、 時間潰しで またまた移動・・
そこでトッティさん惜しくもバラシ・・  僕も1バイトのみ。






どんどん落ちて行く波・・・
焦って、 先ほどチェックしたポイントへ急いで戻るも 潮位下がり過ぎやし・・・  大汗

居残り組が、 居るかいないか微妙な状況の中で・・・

サラシを 待って・・  待って・・  待って・・・  
よーへい君が掛けたっ!
大きくロッドを曲げて 待望のファイト開始~  !!!
急いで傍に寄ると、 ランディングの為 磯際に降りた よーへい君の手元に
プリプリのヒラが寄ってきた・・・
やった!! と思ったら、 手元を離れ水面から背びれを出して元気にヒラが泳いでいく・・@@

え”っ!!  なんで そんなに早くリリースするん!? 

キャッチしたかと思ったのは、  実はキャッチ寸前リリースだったようです  爆
その後、 トッティさんも無念のバラシ・・








そして、 昼からは ・・・
d0226214_23113959.jpg

とても平和で穏やかな海面となり・・・  笑
残念ながら今回は ヒラスズキの写真は無し。
それぞれヒラスズキからのコンタクトは得たので 良しとしましょう・・
( と、 言うことで許してね・・  苦笑 )




トッティさん、 よーへい君  今回も楽しいひと時を ありがとうございました。
また、 遊んで下さいね ♪
お疲れ様でした!

[PR]
by kobochan28 | 2013-05-07 21:00 | ヒラスズキ | Comments(10)