1963年8月生まれ。      修行の足らない仙人の日記です。サツキマス釣りが好きでシーズンは一日中河原を歩いています。  大昔やっていたヒラスズキ釣りを復活させるも太平洋の大波や寄せる年波にも苦戦。


by 仙人

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体

ヒラスズキ
鱒、ヒラスズキ

ウインドサーフィン
その他

Link

画像一覧

最新の記事

鼻を洗いに・・・  笑
at 2017-03-12 21:40
いつまでも若いと思うなよ !!
at 2017-02-17 22:22
今年も穏やかに明けました・・
at 2017-01-10 17:16
2016 真夏の回想録
at 2016-11-06 14:50
熊出没注意!!
at 2016-08-30 22:48

記事ランキング

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月

検索

タグ

ブログジャンル

四国
釣り

最新のトラックバック

Cool stuff o..
from Cool stuff or ..

ライフログ

カテゴリ:ヒラスズキ( 60 )

紫色の菜の花?



この季節・・

ヒラスズキ釣りで 良く足を運ぶ場所に 薄紫色の 菜の花? が群生。

これが咲き始めると、 ヒラも しっかり体力を回復している頃。






いつもバタバタと素通りしていましたが、

たまには竿を置いてグッと接近   笑
d0226214_1145060.jpg

白に薄紫のコントラストがきれいで、 浜辺の風景に良くなじんでいます。

調べてみると アブラナ科の 「 ハマダイコン 」 という植物でした。







波の方はもう一つでしたが・・

魚のサイズも もう一つですが 太いです。
d0226214_11455566.jpg

早く海へ返せ! と 背びれ おっ立てて怒っています   笑

今日は セットを待つ時間の長かったこと・・・






もうすぐゴールデンウィーク。

でも連休の ど真ん中に しっかりお仕事を頂き・・
( ありがとうございます   苦笑 )

実家の片付けも多々あるので 手伝いに来いと・・

1日位は釣りに行きたいな。
[PR]
by kobochan28 | 2012-04-21 19:45 | ヒラスズキ | Comments(8)

心は晴れのち曇り



この日・・  私には ジャストの荒れ具合でした。



朝一のゴールデンタイムは 反応が無かったものの・・
d0226214_20162686.jpg

日が昇ってからのB級ポイントが 良く頑張ってくれました。



小さいバイトも含めると8発位。

深いバイトが得られたのは3発。
d0226214_16213223.jpg

d0226214_16215894.jpg




青空の下で、

サラシから引き抜く いぶし銀・・
d0226214_16184745.jpg

最高です。





この いい天気で、 しかも昼前あたりになると、

反応があるのはシンペンだけ。

しかも、 遠くでピン。

できればミノーで釣りたいんですが・・




そして 今日はヒラスズキと一緒に良く泳ぎました。

どのようなシチュエーションだったかは内緒です  汗










昼から急いでウェットを脱ぎ、  鱒のポイントへ・・

国道をしばらく走り、 高速乗った瞬間に気が付きました




         磯に竿とリール忘れてる・・   大汗








次のインターで降りて、 引き返そうか・・・

行ってみたところで、 ブツがあるだろうか・・・

あれこれ考えていると、 現地ローカルの磯ヒラ師 Yさんの顔が浮かぶ・・

早速連絡したところ、 お仕事中にもかかわらず すぐに取りに行ってくれました。

本当にお世話になりました。




ほっとしたのもつかの間・・

次のポイントにて ウェーディングし川を釣り下るうちに気が付く。

買って3、4日しか経っていない一眼カメラのポーチが水面付近でゆらゆら・・

肩からかけたヒモが長すぎです   爆

見事、 ポーチの中のカメラは半分水没してました。

始めてのフィールド投入だったのに・・・






しかたなくいつもの防水カメラで。
d0226214_16233212.jpg

d0226214_16235051.jpg

そのほか、 まずまずサイズの花魁鱒も釣れましたが、

ネットの中で写真撮ってるとジャンプ一発サヨナラ・・





今日も 良き一日で締めくくる予定でしたが・・

徐々に健忘症もひどくなってるし・・   苦笑 

[PR]
by kobochan28 | 2012-04-13 19:33 | ヒラスズキ | Comments(13)

ヒラ 荒食い中

 






    の・・  予定だったんですが・・・    汗

    見出しに 偽りありです・・   すみません。

    






久々に しっかり決まった気圧配置。

爆風の為、 キビナゴが足元のサラシで あっぷあっぷ・・・

ヒラスズキも産卵後の荒食いモードに突入したはず・・

キャストしたミノーが サラシに差し掛かった瞬間に

お腹ボテボテのランカー達が、 僕らのミノーの周りをぐるり取り囲む・・・

そんな夢を見ながら ガスやさんと到着   笑



しかし日曜日ということで、 アングラーもちらほら・・・

各ポイントであろう場所も 前日から しっかり叩かれた感、 満載でした  汗

サラシは もうひとつだったんですが、

この季節にしては、 冬型が二日目も 良く持ちこたえた方でした。






さて、 一発目に向かったポイントは既にヒラ師の車。

やられた~  とはいえ・・・

こちらが既に気合負けしてるということです。





今日は 青い空に白い雲・・・

潮位も下がってくると、海の底が透けて丸見えです  汗

運動不足気味のガスやさんと あちこちアップダウンして体力をつけました。
d0226214_1325349.jpg

わざわざ険しいルートを選択するガスやさん・・・ 笑

あまり無理はしないで下さいね。







朝方、 海からは 少々のおすそ分けを頂きました。
d0226214_13231332.jpg
d0226214_13213513.jpg
d0226214_13224962.jpg

でも海の中では 荒食い中のはずなんですが・・・

僕らが よう釣らんだけです   汗







そろそろ制服に着替えて、 シャローエリアを アグレッシブに

かつ 安全に攻めていきたいと思います。
[PR]
by kobochan28 | 2012-03-26 13:30 | ヒラスズキ | Comments(8)

ババ吹き 注意



前回は ひどいババ吹きに痛めつけられ・・

負傷した掌の傷も  少し閉じてきました。

でもヒラスズキ釣るには、 ほど良い 強風も必要なんですが・・・





何とも めんどい仙人です・・・ 笑







潮の干満と 波高や風向の変化を予測しながら、 その日のスケジュールを組み立てる磯ヒラゲーム。

ランガン順がぴったりだと 一日良い釣りができることも・・・




強風波浪注意報を求め 、 今日も遠征・・

でも 現場の状況によっては 十分な注意が必要です。




この日は だんだんと冬型が緩み、 波のサイズは落ちながら 潮位も下がっていきます。

昼までは そこそこ風が残ると判断したのが間違いのもと。 




朝一、  正面から雪まじりの強風が吹きつけていましたが・・
d0226214_1844842.jpg

わずか5回目のキャストをする頃には いきなり風がやみ、 波も落ちて・・  えーっ!?
ここで 1度出ましたが、ルアーの寸前で反転・・   完全に見切ってます。





これでいきなり読みがはずれました。

朝一 入った場所は 波風強すぎたら 逃げる場所。

弱かったら入る意味がありません    ガクッ・・

その後、 バタバタ移動するもショートバイト1発と  見切られて またまた反転。

完全に負の連鎖に陥って・・



時刻は14時前・・

あきらめて帰る前に、  朝一入った場所にもう一度立ち寄りました。

朝より潮位が下がっており、  ここだけは 地形の関係で、

若干 サラシの状況が良くなってるように見えます。






白泡の少し残る足元から 飛び出してきました。
d0226214_1834322.jpg

サイズはともかく 1本出てホッとしました。

これが釣れなかったら 長い帰り道、 睡魔との闘いであったに違いありません  笑




年末、 地図に丸印書き込んだ場所はまだまだ周れていませんが、

遠征は 少しだけお休み・・    ホントかな・・   ハハ






今年に入って、 5回の単独遠征で 高速道路 走りまくり・・・  汗

そして、 もう少しすると 我が家も 暴風警報発令の予感。

かみさんが ETCカードの請求金額見た日には 家の中が ババ吹き でしょうね。

でもこの風では ヒラスズキは釣れませんが・・   苦笑






 
[PR]
by kobochan28 | 2012-02-11 18:04 | ヒラスズキ | Comments(9)

厳寒爆風のヒラスズキ



「 北西の風 非常に強く 」



この、気象庁による  「 非常に強く 」 っていう表現は・・

台風接近時に良く聞きますが、  冬型の気圧配置では  そうは耳にしません。

しかも予想最高気温2度・・・  汗








引き出しを増やすべく・・・

現地にて 釣り不可だったら 潔く引き下がればよし。









車止めからポイントへの道中、

雪が顔に当たって痛いのか、 冷たいから痛いのか・・・
d0226214_13151898.jpg

爆風で 山が鳴ってるのが不気味です。







そして現地・・

指先が痛く、 寒いですが なんとかこらえられそう。

それよりも キャストどころか、 その体勢まで もって来られない この爆風。

風の息を見計らって 無理してキャストするも ルアーは10mも飛びません。 

へたれキャストしながら岩から岩へ・・・







景色が360度回った?!







風にあおられ転倒・・



しばらく座り込んだ後、 呼吸を整えて起き上がる

キャストを再開するが左掌に痛みが・・・



ネオプレーンのグローブを引き剥がすと 掌の皮がベロッと剥け 間に血がべったりたまってます。

保温力は落ちますが 掌は人工皮革のものをチョイスするべきでした。



迷わず車へ ふらつきながら撤収・・

今日はやめておきなさいという事なのかな・・   なんて考えながら・・

傷をポリタンの水で洗い流し、 消毒液を塗った後 テーピングを施し 車内で一服。
  






帰ろうかな・・・





でも、 煮え切らない自分の体が 帰るのを拒んでいます・・ 間違いなく・・  苦笑

幸い出血も止まったようなので、 無理のない場所を求め 再度散策することにします。



しかし、 どこもかしこも爆風。

時々海面を小さな竜巻が舞うような・・  釣りの中では滅多に見ないストーミーなコンディション。
 


しばらく移動していると、北西の真正面に切り立った崖がそびえ、

幾分風が抑えられた中に 良いサラシの払い出しが・・

沖に向いて白泡が伸びてます。

そこに居てれば 一発で食ってきそう、 居なくても回ってきそうな感じ。



大岩に 身をぴったり寄せ キャスト。

でも毎回ラインは岩に擦れながら・・

ルアーは 岩に叩き付けられながらの回収を余儀なくされますが、

やれそうな所はここしかありません。







そこで 幸運にも2本のキャッチ。

でも 他に2回のラインブレイクと・・   ヒラスズキには かわいそうな事をしてしまいました。

2回目のブレイクで これ以上の釣りを断念し、 元来た山道を戻ります。
d0226214_131638.jpg

爆風に当たり続けたからか、 時々座り込んでしまいます。






今回のラインブレイクの原因は ラインにあったであろう 傷のチェックを怠っていたこと、

無理な立ち位置、 

何より、 手の痛みをかばっての 中途半端なファイト・・・




確実にランディングしてあげることは アングラーのつとめだと考えます。

色々と反省することが多い 今回の釣行となってしまいました。












黒潮かほる 磯ヒラと、  雪の組み合わせなんて似合わないけれど・・・
d0226214_13162995.jpg

キャッチしたヒラに 雪がハラハラと・・


雪ヒラ?   綺麗な名前!



        2月2日・・  僕は 初めて 雪ヒラ を釣りました ♪   笑

















帰りの高速 通行止めになってないかな・・・   大汗

[PR]
by kobochan28 | 2012-02-03 19:25 | ヒラスズキ | Comments(10)

- Deep flavor -



ヒラスズキ釣りには行ってるのですが、 仕事も忙しく なかなか更新ができません。

ここ最近は テレビもパソコンも見ていませんでした。



準備も 後片付けも大変なこの釣り・・・

翌日の仕事の事を考えると 気持ちにブレーキがかかります。

寒いうえに遠いとくれば・・   なお・・・








文句ばかり言うならやめたら!?  笑












さて、 最近色々なアイテムを試してます。

体力も落ちてくると いかに快適に、 かつ安全に釣りを完結できるかがキモとなります。

つい先日の釣りでは良い仕事をしてくれた、 オニールのネックウォーマー

ネオプレーンの裏側には ファイヤーウォールの起毛が施されたすぐれもの・・
d0226214_21413214.jpg

これを首に装着するとマフラー巻いてるように暖かいです。

厳寒のウインドサーフィン用でしたが、 冬のババ吹きでも快適でした。



新調したスパイクシューズも カップインソールは見た目 硬そうでしたが、

思ったより随分柔らかく、 海苔のついた法面にもしっかり食いつき 無茶良い感じ・・

釣りが快適だと、 安全面に気を配る余裕ができますよね。









先日の釣りの方は・・・

カマスの猛攻の後はヤズの猛攻・・   のち、  メジロ

足元のドカ波に漂わせていたら食ってきました。
d0226214_21415970.jpg

スリリングで良いファイトでした。

水没OKで レバーブレーキ付きのリールが欲しくなります・・
d0226214_21422316.jpg

良く肥えてます。





ヒラもバラシがありましたが、 昼頃なんとか良いのを2本とる事ができました。
d0226214_2142582.jpg






d0226214_21431354.jpg






d0226214_21433213.jpg










納得いかないのがこれ・・・

パッケージには青物OKなんて 書いていましたが・・・

ランディング最後の最後でリップが折れてしまいました。

重~いエラあらいを魅せてくれたこの日一番のサイズだったのに・・
d0226214_21435299.jpg

折れた部分の樹脂のボリュームの少ないこと・・

荒れた時に これで良く釣れましたが、 今まで折れなかったのが不思議な位です。  

ヒラの口からルアーが外れてくれることを願ってやみません。













そして夜の部・・・
d0226214_21441943.jpg






まずはヒラスズキの刺身
d0226214_21444489.jpg





次はヒラしゃぶ・・
d0226214_2145246.jpg





極・・   旨っ   !!!
d0226214_2146962.jpg





キモも サッとだし汁にくぐらせて・・    甘~い後味が最高です。  
d0226214_21463430.jpg



サクッとしたフライは タルタルソースに良くあいます。
d0226214_2146547.jpg




アラ炊きは絶品でした。
d0226214_21471256.jpg


1本のヒラスズキから 味わい深い たくさんの恵みを頂きました。







〆は出汁のよく出た、雑炊の予定でしたが・・・

既にお腹は 寸分 の余地も・・

ありませんでした  笑








腹も身のうち・・・

基礎代謝の落ちた おじさん達は  食べすぎ呑み過ぎに注意してくださいよ   笑

[PR]
by kobochan28 | 2012-01-26 21:53 | ヒラスズキ | Comments(11)

出会い



暮れの大掃除が一段落した頃・・・

以前からヒラスズキ釣りで 足を伸ばしてみたかった、 遠い遠い場所の地図を広げてみる。

ここ良さそうやな~ と思うところへ丸印をたくさん書き込んでみた。

主なポイントは 海面までかなりの高低差がありそうで、 当然道もわかりません。

簡単にエントリー出来るとは思えませんが・・

また初めての場所で、 易々と獲れる魚でない事は 百も承知。

釣果の事は考えず、 とにかく 自分の足で歩き回ってみよう。



ほんとにヒラスズキが釣れたら どうしようか・・・

考えただけでも 心臓バクバク  笑







さて 無事年も明け、  新年のお勤めを全て終わらせる事ができた 翌日の未明・・・

釣り道具と寝袋と地図を車に押し込んで、

未だかつて見た事の無いパラダイスとの出会いを求め、 2泊3日の一人旅。

旅の前半はkoniさんと合流しランガン。









d0226214_14145377.jpg

そこで出会った、
d0226214_14153678.jpg

情景は・・
d0226214_1422121.jpg

新鮮で・・・
d0226214_14164319.jpg

五感に ビシビシ響いてきます。
d0226214_14171182.jpg

釣りのポイントとして、 自分のホームとの状況の違いは明らか・・・

使用できるルアー、 アプローチ方法も変わってきます。



予想どおり、 ポイントと思われる場所へは ハードなアップダウンを強いられますが、

暑い季節での、  やや上流域における本流アマゴ釣りのアップダウンよりは 幾分楽。

でも山道に迷うと大変・・・

さあ3日間でいくつの丸印を周れるか・・  笑














結果・・・

幸運にも ヒラスズキとの出会いはありました。
d0226214_12464624.jpg

初めて、 足を踏み入れた場所での・・・
d0226214_13362931.jpg

磯ヒラとの出会い。
d0226214_14174752.jpg

やりとりは 超刺激的で・・・
d0226214_14182142.jpg

か弱い心臓に 少々の負担がかかります  笑



d0226214_13391773.jpg

ヤズもぼつぼつ・・


気象条件も手伝って 約10バイト ヒラ5キャッチと 私にとっては出来過ぎでした。
(チビも含みますが・・汗)













そして、 道中でサプライズが・・



たまたま立ち寄ったポイントで、

僕が長い間、  離れていた釣りを

再開するきっかけを作って頂いた方と 出会えたこと・・・




偶然なんでしょうけど・・・

とても偶然とは思えませんでした。




そして時化の中、 一緒にロッドを振らせて頂いたこと・・・
d0226214_14185031.jpg

その方の 見事な一尾を見る事ができたこと・・・
d0226214_14191776.jpg

これらの出来事が 深い思い出として心に残る 今回の釣行となりました。








興奮の3日間・・・

11フィートのロッドを強く握り締めた結果かどうか・・・

少し指先の皮が薄くなったようで、 今も熱いコーヒーを持つ手がヒリヒリしてます  笑

[PR]
by kobochan28 | 2012-01-07 12:47 | ヒラスズキ | Comments(9)

異郷の地まで



毎年恒例になってきた、 プチ忘年会を兼ねた楽しい釣行に
神様から 参加できない旨の連絡を頂く。


この方が参加できぬなら サウナで爆笑しながらの〆もありえないので 残念ながら今回は中止。
毎年忙しくて参加できなかった断腸さんも  「今年こそは!」 と楽しみにしていましたが・・・
また新年会でも段取りするよと・・・   彼を諭す。


なんでも・・ 年末に地元の神社?  のお世話がどうとか ・・・
いよいよ本当の神様になる準備かどうか ・・・  爆
いやいや既に釣りの神様だと信じて疑ってません!


無理して強硬決行の日程も提案頂いたのですが、
それでは体持ちませんよ・・・今回はやめときましょうとお話する。


その後、 先日の神様による見事な爆釣劇の話題になり・・・
「 仙人さんも行ってみたら 」 と 言って頂いた。


ポイント開拓も兼ねてガスやさんと行ってみる事にしました。






未明に到着、 既に先行者の方の車が・・・

二人で軽く寝酒を頂き、寝袋に潜り込み就寝。









少しすると・・・







ググオ ~~  ごごガガ~~ッ ・・・

・・・

ガス爆発のような轟音が・・・











眠るのが一歩遅かった・・・


ガスやさんとの勝負が既に始まってることを忘れてました。
先に寝た者勝ち・・・  また やられました  涙




そうして寝不足のまま 日の出1時間前に起床。
出撃準備もできた頃、先行の方が起きて来るのを少し待ち、車の窓越しに挨拶。
お話をさせて頂くと 餌釣りの方で 幸い入る場所が違ってました。


ポイントへは20分程で到着。
現地は横殴りの風で時折体が浮いてしまう程。
体には冷たいあられがパラパラと音を立てて打ちつけ ・・・ 
それは今にも雪に変わりそう ・・・


そんなコンディションの中、 何とかフィードポッパーでヤズをキャッチ。 
後は ヒラが2度飛び出して来たのですが 掛けられません。


知らない間に 隣の場所でキャストしていたアングラーが帰られたのでそちらへ移動。
手前側は若干風が弱く 少しは投げやすい感じです。






ブローの切れ目でキャスト、 たまたまドンピシャで入った良いサラシで良いサイズ。
d0226214_1440040.jpg






お気に入りのブツ持ちと  笑
d0226214_8505456.jpg





良く見る持ち方を ガスやさんに撮って頂きました。
d0226214_8512256.jpg


前者の方が ヒラスズキの自然な型が表現出来るのでお気に入りです。






撮影会も早々に切り上げ・・・
d0226214_8514922.jpg

次回は90UPでの再会を一方的に約束し・・・  笑






直後・・・
d0226214_855778.jpg

ガスやさんに技ありの一本が出て、 納竿。




その後は もうひとつの目的でもある ポイント散策へ出発しました。
d0226214_8552731.jpg



まだ見ぬパラダイスを求め、 知らない場所での山越え散策は いつも刺激的です。

時間があまりなかったので、 次回はしっかり時間を作って 夕方までしっかり散策してみたいですね。






今回はとても遠かったけれど 良い釣りをする事が出来ました。
[PR]
by kobochan28 | 2011-12-24 22:02 | ヒラスズキ | Comments(10)

- A precious holiday -



仕事での代休がたまってますが、 年を越すと自動的になくなっちゃいます。

この業界では禁断とされる土曜のお休み・・・

普段から真面目に仕事に取り組んでいる自分へのプレゼント  爆

思いきって土曜日に代休を取りました。






koniさんと高知で待ち合わせてナイトゲーム。
前日に少々の降雨がありましたが、 思ったほど流れは効いてません。
海面はベタ凪だし・・・
「 大潮まわり 」 のみに期待を込めて・・・

20時過ぎから釣り開始、
3ヶ所目でやっと70cm弱のヒラスズキ。
小河川の払い出しに タイトについてました。
d0226214_21454751.jpg

今回は実家に立ち寄る為、 お土産にキープさせて頂きます。



koniさんはジャスト50cmの立派なクロ。
d0226214_2204475.jpg

その後もkoniさんに何かがヒットしましたが残念ながらバレてしまいました。


そして朝まず目はなんの異常もなく・・・
体の芯まで凍てつくような寒さだけがしみわたり・・・


それにしても結構きつい寒さでした。
今シーズンで一番かな・・
睡眠もまともに取ってないので突然死しそうです  笑







谷から放射状に冷たい空気が海へ流れ、
d0226214_21473394.jpg

暖かい海に触れ 湯気が立ってます。
ちょっと幻想的・・・






実家への道中、 お気に入りのイカポイントを覗くとアングラーの姿はなかったので、
d0226214_2230271.jpg

体に鞭打ち 鉛のように重い腕をシャクリあげると800gから1.4キロのアオリイカ。
d0226214_22281192.jpg

d0226214_22283419.jpg

d0226214_2229138.jpg

お土産たくさん出来ましたが、 実家に帰って魚をおろす事を考えるとゾッとします  笑
捌くの嫌いじゃないけど、 後片付けの事まで考えると・・・ 





仮眠しながらふらふらと実家に辿り着き、
最後の力を振り絞りヒラスズキの鱗を落とします。



何食べてたのかな・・・
胃袋を割いてみる。
母親も興味深々・・・
ズルっと出てきたものは落ち鮎2匹
一つは半分消化済み、 もう一つはなんとか原型を留めてたガリガリの鮎・・・
d0226214_2152331.jpg




それそれっ!


えっ? 何?


それ食べるき!











@@; !!!!













そこまで鮎を食べたいのか、お母様・・・









と思ったら・・・









同じ仁淀川の郷、 寺村で育った97歳のお婆様がすでにお箸を・・・
d0226214_21523612.jpg
 
おいしかったそうです  爆

メインディッシュはもちろん本体であるヒラスズキなので・・・  爆汗

ヒラスズキは以前、 メイプルさんのブログを参考にさせて頂き・・・

現在、 超お気に入りの 「 ヒラしゃぶ 」 でおいしく頂きました。










いよいよ今年も あと残りわずかですね・・・


残された仕事をしっかり片付けないと・・・ 汗
[PR]
by kobochan28 | 2011-12-12 23:07 | ヒラスズキ | Comments(6)

高知の水は辛い・・・





ルアー釣りを始めて この冬で4年目に突入のガスやさん。
2年程前から幾度となく高知のヒラスズキ狙いでご一緒しました。


その間、  僕は何度も ガスやさんとヒラスズキとの対戦を見てきました。


それはジャンプ一発のバラシだったり・・・ 
大波の中、ランカーサイズがもう一歩の所で根ずれによるラインブレイクであったり・・・
またある時は フックを全て伸ばされ天を仰ぐ彼を何度も・・・

そんな時、 決してガッカリした様子は見せませんでした。  が・・・
たまに彼の口からこぼれてくる言葉がありました。










「 高知の水は辛い・・・」










魚をバラシても いつもニコニコ顔でしたが やはりこの言葉に悔しさが集約されていたのでしょうね・・・





そして・・・

ついにやってくれました!









ガスやさんが 恋い焦がれ・・・  長い間待ち望んでいたヒラスズキ・・・
d0226214_055398.jpg

しかもサイズは "余裕" のランカー超!!!



暗かったのでわかりませんでしたが、 うれしさでガスやさんの目が少し潤んでるように見えます。
でも一番うれしかったのは僕かもわかりません。
本当におめでとうございます!














この日は 久々の日曜休み・・・
前日の晩は 特に予定も無くゆったり過ごしていたところ、
遅い時間に 珍しくガスやさんからお誘いの連絡が入りました。

前回釣行から 何の準備も出来ていない中、 ガスやさんの車に飛び乗ります。

低気圧のコースから 一瞬強い南西が吹きそうですが、 すぐに北寄りに落ち着きそうなので釣りはできそうです。

2時間少しで現地着、 ヒラが付いていそうなストラクチャーの左側を少し打ってみるもバイトは得られず・・・
そして右側・・・   風の影響でルアーはストラクチャーを擦りながら・・・
d0226214_061852.jpg





その約5分後・・・

沈み根の周辺でガスやさんが・・・
前述させて頂いた待望のメモリアルフィッシュを!
d0226214_063938.jpg

興奮も覚めやらぬ間・・・
1ヶ所であまり時間をかけたくないので すぐ移動、  ランガン開始。

3か所目まで予定通り、 異常はありませんでした。




そして4ヶ所目で朝まず目を迎える為、 そこで仮眠を取るつもりが つい竿を少しの間 出してしまい・・・笑
その後、 束の間の睡眠・・・
d0226214_07354.jpg



朝まず目のゴールデンタイムは・・・
期待とは裏腹に 2バラシといつもの調子で   笑
ヒラスズキの顔を拝むことはできませんでした。




朝マズメの時間帯も過ぎ 陽が昇った頃はオフショアの風があがり、 波も抑えられ・・・
d0226214_073216.jpg

ポイントである急勾配小河川の河口は 海からわずか10m程の所で 今だに鮎が苔を食んでいます。
d0226214_075168.jpg

そのすぐ上流側はアマゴが潜んでそうな渓相でした。





川の水温もそれほど冷たくなく、 散りかけとはいえコスモスもあちらこちらに咲いてます。
d0226214_083892.jpg





長かった夜の釣りが終わり、 ウェーダーを脱いだそこには・・・
d0226214_091710.jpg



長かったトンネルを抜けた自然体のガスやさんと  ずっと応援していた影法師・・・




これからも ますますの釣果を期待してますね。
[PR]
by kobochan28 | 2011-12-05 22:57 | ヒラスズキ | Comments(12)