1963年8月生まれ。      修行の足らない仙人の日記です。サツキマス釣りが好きでシーズンは一日中河原を歩いています。  大昔やっていたヒラスズキ釣りを復活させるも太平洋の大波や寄せる年波にも苦戦。


by 仙人

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体

ヒラスズキ
鱒、ヒラスズキ

ウインドサーフィン
その他

Link

画像一覧

最新の記事

鼻を洗いに・・・  笑
at 2017-03-12 21:40
いつまでも若いと思うなよ !!
at 2017-02-17 22:22
今年も穏やかに明けました・・
at 2017-01-10 17:16
2016 真夏の回想録
at 2016-11-06 14:50
熊出没注意!!
at 2016-08-30 22:48

記事ランキング

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月

検索

タグ

ブログジャンル

四国
釣り

最新のトラックバック

Cool stuff o..
from Cool stuff or ..

ライフログ

カテゴリ:ヒラスズキ( 60 )

久しぶりのナイトゲーム



ハードなスケジュールが続き 体調も思わしくない中、
勤労感謝の日の前夜、 ガスやさんと一緒に南方面へ車の舵をきるも・・・
d0226214_17551382.jpg

信号待ちに なんとなく目がかすみ ボーっとしたり・・・     疲れが取れてません。
それに、先日の大雨の恩恵に与るにも既に遅い位なのですが、
でも行ってしまうんです・・・ 苦笑

今回は波の無い磯よりも、増水の影響が少しばかり残る小河川を選びランガン予定です。





そうして現地到着。
最初に喰って来たエリアは見落としそうなクリーク。
普段は水がほとんどありませんが、 今回流れは効いています。

サーフですが根があちらこちらに見えるシャローエリアで・・・
d0226214_17554259.jpg

体高のあるヒラスズキのおかげで 疲れた体が少し元気を取り戻しました。



直後、 ガスやさんにも・・・
先日のSWAPで得た 表層系ビッグミノーに 良いサイズのクロがヒットしました。
d0226214_1756549.jpg


その後はkoniさんとも合流し、 流れの効いたエリアを探しに行きます。






それにしても・・・   

むっ茶寒い夜なんです。

洋に向かってキャストする私たちの後ろから 吹き下ろしの風が 容赦なく首筋に纏わりつきます。
ガスやさんにカイロを分けて頂きなんとか継続します。



後、少しばかりの仮眠を取ったら いよいよ朝まず目。

まずはkoniさんにヒット!
僕がランディングにまわり、 波間にヒラスズキの姿を確認するも・・・
さあ、いよいよという時、たまに来た大きな引き波で無念のフックアウト。


直後、 私にもヒラスズキが・・・
でも小さめ。


随分あたりが明るくなった頃、 koniさんに青物らしき魚がヒット!

かなりのスピードでどんどん出ていくラインに いいサイズの予感がします。

250m巻いてます! との余裕のやりとりでしたが、サーフからは見えない沖根に擦れたのか

惜しくもラインブレイク・・・

姿だけでも確認したかったですね・・・ 残念です・・





今回のベイトは落ち鮎。
d0226214_17563780.jpg

先日の増水効果なんでしょうね。




〆にガスやさんが やってくれました。
1500mmのサヨリ・・・  爆
d0226214_1757330.jpg

ヒットルアーは以前のSWAPでガスやさんが しまっさんから頂いたというドリフトペンシル。
サヨリは一夜干しにして しまっさんにお返ししてあげて下さい  笑





本当に久しぶりとなるナイトゲームは ほぼオールナイト・・・
年のせいだかどうか、 かな~りキツイものがありました  笑
20台の頃は何でもなかったのですが・・・


残念だったkoniさんお疲れ様でした。
ガスやさんも長い時間の運転ありがとうございました。
また宜しくお願いします。
[PR]
by kobochan28 | 2011-11-24 17:52 | ヒラスズキ | Comments(10)

お気に入りの季節がやって来た


前回の釣行から数日後・・・


いつものように しっかり睡眠、 ゆったり出動。
良く寝ておかないと後半戦が歩けません。

でも磯ヒラ釣行前夜は 毎度軽い興奮の為 あまり寝付けてませんが・・・ 笑
d0226214_19433987.jpg




道中、太陽が顔を出します。
d0226214_1303759.jpg

完全に出遅れてますが気にしません。
今回は新規Pのチェックです。



新たなエリアでサラシを求めての磯散策も また良いもの・・・
ヒラスズキの場合、そのあたりにも大きな楽しみがあります。



さて、 風波はありますが どピーカンでベストとはいえないコンディションの中、
歩いて・・歩いて・・歩き倒しました 笑

d0226214_12524893.jpg

時折、 砕け散る潮の飛沫が 頭から降りかかるのも宜し・・・
日頃のストレスを洗い流してくれます。




そんな中・・・
d0226214_12531575.jpg

初めてのエリアでヒットした2尾に胸はバクバク。
しかも共に良いサイズ!


立ってる所は 大きな亀の甲羅を一回り程大きくした位の岩。
時折波が足元を洗うようなそんな場所・・・


寄せてきたヒラスズキのランディング方法をあれこれ考えてる間に結局2尾ともフックアウト。
一尾はリーダー握った瞬間、 エラあらいで・・・
しっかり重量の乗ったもう一尾は あと20cmをずり上げられず口切れでした。


足元まで寄せて、姿かたちを確認出来たのでとりあえず良しとしますが・・・   泣


その他、時折サラシの中から姿を見せるのは小型の青物達でした。
d0226214_12561144.jpg



足元のエリアが狭い場合、 重量の乗った魚は ロングロッドで寄せてからのランディングが
いつも課題になっています。

この日は新しいポイントでの初ヒットに満足し、 昼過ぎには 納竿しました。










そして先日の祭日はガスやさんと出発。

ガスやさんと僕は 以前お世話になった koniさんと合流し 3人でのランガンです。





予報通り、風は左からのクロスオンでやや強く・・・
d0226214_12563880.jpg

思ったコースをうまくトレースできそうにありませんが・・・   いい感じです。

このポイントの・・・ この風向きは絶対外せません。



いつも変わらぬ 芳醇な海へ 吸い込まれるように入水。
ここは僕の本当の居場所だと、 そのまま目をつむって沖の方まで歩いて逝きたい気持ちを
ググッとこらえ・・・  爆
でも ほんと、 ここに来るとそんな気持ちになるんです。
でもでも もうちょっと釣りしたいし・・・ 笑





風波なんですが、 良いうねりも入ってます。

d0226214_125705.jpg

ガスやさん、 koniさんも 良いとこ押さえてます。

d0226214_1257226.jpg





ガス班長の指導の元、 ランガン順を精査しながら・・・
d0226214_1792088.jpg





やや高めの気温、まだまだ温かい海に相反して この日 ヒラスズキの反応は悪く無く ・・・
d0226214_12581499.jpg

本格シーズンに入った事を確信しました。


今回、携行したショートレングスのシャフトとやや小さめの玉網が
スリット渡りにも 特に邪魔になることなく 良い仕事をしてくれました。






ガスやさん、 koniさんも お疲れ様でした。
d0226214_1258333.jpg

またご一緒して下さいね♪
[PR]
by kobochan28 | 2011-11-05 17:36 | ヒラスズキ | Comments(14)

衣替えの季節



実家で 用ができた為、 今季初の磯ヒラ釣行も兼ねて 帰省してきました。
 


ウェットスーツは何をセレクトしようか・・・
少し涼しくなってきたので 磯歩きも楽だろうな・・・

とりあえず、 納戸の奥から引っ張り出してみます。
d0226214_14442425.jpg



久々の釣行で・・・ しかもこの季節は迷ってしまいます。
「暑い寒い」 が微妙な季節なので 2着持って行く事としました。


当日の予想最高最低気温だけを捉えると、 ジャージのフルスーツでOKだと思うのですが、
風雨を伴うコンディションでは たちまち体温が奪われます。


実はこの季節、 一番重宝するのはスキンのシーガルです。
これで何度か釣行しましたが、 腕がフリーで動き易いうえに雨風でも保温性が高く申し分ありません。
反面、 水から磯に這い上がる時等 カキやフジツボで腕に怪我をする事もあります。
この貝の切り傷・・・   最近はこれがなかなか治らないのです。  加齢による治癒力の低下でしょうね 笑
また、 磯で転んだ時のリスクも考えて 最近はあまり使ってません。
磯歩きの上手なエキスパートには最適でしょう。


一度スプリングも使いましたが、 これはもってのほか・・・
タイドプール内を移動する際に 膝が石にがんがんヒットします。
ヒラスズキ用のウェットは クッションの効いた膝パッドは必須です。


ちなみに僕は フルスーツが着用できない暑い季節(梅雨明け~9月前後)は安全面から最近オフとしてます。
無理して行く場合は、 暑いですがジャーフルを着用し 釣りはできるだけ涼しい朝だけにとどめます。
厳寒時は 体5mm、腕5mmのスキンのフルスーツも使いますが 体の動きが良くありません。
今年は 新素材で保温性に優れ、 動き易い3mm、3mmの新兵器を導入したいものです。
但し、 伸縮性の高いストレッチスキンは気泡が多いものもあり、 経年劣化で容易に破れてしまう場合があり注意が必要です。





さて、 日の出過ぎ 現地辺りに到着、 朝の気温は19度でしたが 泣けてくるほどの暴風雨。

雨除けの場所を探し、 5mm、3mmのスキンのフルスーツをチョイスし着替えます。

結果、 朝は暑くも寒くもなく 丁度良い感じでしたが その後少し雨もおさまり 気温も多少上がると、

歩き周れば 少し蒸し暑い位に・・・








ところで釣りの方は・・・       海を覗くと、
d0226214_14445887.jpg

え”ッ・・・





未明からの豪雨により、 あちこちで泥濁りの流れが海に流入し、 磯周りは まっ茶色
d0226214_14455593.jpg

夜なら 近所の小河川河口が良いかもですが・・・




茶色のサラシに
d0226214_14462211.jpg

ヒラスズキおるんかな・・




強風の中(アメダスで南の風16mね)、 無心にキャストを続けランガンしますがバイトはありません。
後で知ったのですが8時過ぎ頃、 竜巻注意報が出てたようです  汗





半ば諦め気分で移動を繰り返し・・・
d0226214_1446463.jpg








濁りの影響がやや少ないエリアで まさかのヒット。



d0226214_14472239.jpg

本当にうれしい・・・     今期 初の燻し銀。





その後も移動を繰り返し、 13時過ぎまで頑張りましたがノーバイト。
d0226214_14473964.jpg

この日の強い雨風は 結構体にこたえました。


結局、 この一尾が唯一のワンバイトでした。






雨とは言え、 スキンのフルスーツでは少し暑かったです。

でも間違いなく、 体にも優しく 磯ヒラの良い季節は もうそこまで来てますね!
[PR]
by kobochan28 | 2011-10-16 18:58 | ヒラスズキ | Comments(6)

また・・・ やられました



久々に磯ヒラに会いたく、 気がつけば黒潮洗う太平洋に・・・


朝まず目は、 まさにバケツをひっくりかえしたような豪雨に 雷様のオマケ付き  苦笑
車から出ようにも出られず、 まず目のゴールデンタイムが空しく過ぎて行きました。


雷様も少しおさまり、 ビビりながら 車から這い出してきたのは6時頃で ・・・
d0226214_13194314.jpg




海に目をやると・・・
今日こそは間違いはずの波も ・・・ 無い!  なんで~?!




サラシを待つ我慢の釣りも空しく、どこを打ってもヒラスズキからの返事は返ってきません。
たまの良いサラシにドンピシャのタイミングで出たのはこちら・・・




ホウライヒメジでした。
d0226214_13203581.jpg

一対の長いヒゲは間違いなく底を意識したもの・・・
でも表層をふらふらドリフトさせてるミノーに喰ってきました。

このヒメジ科の魚、地元ではメンドリと呼ばれ、見た目によらず 大変おいしい魚だそうです。
最初はオキナヒメジかと思いましたが、魚体後部の斑点が側線を下に超えてる部分で区別できます。





さて、 雷様さえいなければ この雨模様のコンディション・・・
磯伝いのランガンは この季節にしては随分楽で足取りも軽いです♪


そして 大きなカマスが良く当たり始めた、 時刻は8時半頃・・・

ミノーでは攻め切れない、沖に大きく広がるサラシへの3投目・・・
着水後、サラシに乗せて手前にドリフトしてきたシンペンをひったっくった瞬間、 魚の背が水面を割りました。
ヒラスズキではありません。

その2~3秒後には 早くも空しくラインテンションは抜け・・・
回収したシンペンの 交換した太軸フックは1本は折れて無し、 1本は伸び伸び。

去年の同じ時期にも3回のラインブレイク・・・
相も変わらず・・・  全てにおいて進歩が見られません。
学習能力の無さを痛感しております・・・  涙







そして番外編


恒例の焼肉大会! 
腕利きアングラーが勢揃いです。
でもみんな釣りの話してたかな~? 笑


最近、 顔の輪郭がやさしい感じになってきた HAMA氏 笑  と ハチマルさんのツーショット。
d0226214_14232070.jpg

HAMAさん いつも段取りありがとうございます。





ああ、  今日も飲んだ~ 食った~  楽しかった~    の帰り道。

加地さんから電話が・・・



今、どこにいるんすか~?
早く来て下さい! 待ってますよ~~~



え!? 明日来られるのではなかったん?

急遽、 ガスやさんとUターン。
すると怪しいお店に潜伏しており、 宴もMAXな状態!




しっかし、 加地さん 歌がむっちゃ うまいんですよね~
ビックリでした。
そりゃ お魚さん達も 寄ってきますって・・・ 笑
d0226214_14245855.jpg

スポットライトの華を添えて ww




今回、 あまり釣りの話はできませんでしたが、
次の機会はディープなとこまでお願いしますね。
d0226214_20225647.jpg




明日は こちら香川でキス釣りだそうです。

案内役のいっちゃん、 くれぐれも 粗相のないようにね・・・  笑
[PR]
by kobochan28 | 2011-07-31 16:20 | ヒラスズキ | Comments(7)

-trial and error-

5月の連休も終わり、たまった仕事の処理に追われながらも 何とか連休の遊び疲れが取れた頃・・・
去年ガスやさんと遠征し、完全敗北したポイントへ一人で再び。




ここら辺り特有のナイフエッジのような磯の綱渡りを強いられ・・・
d0226214_13395044.jpg

朝一から夕方前まで頑張って歩き周りましたが・・・またもや完全敗北でした。




この日は前日の予報ほど波は上がらず、しかも お日様ギンギン どピーカン
所々にできる薄いサラシを自分なりに丁寧に攻めましたがヒラスズキからの反応は無し。
こんな状況でも腕利きアングラーはあの手この手で魚を出すのでしょう。

ベイトが入り、理想的な波高条件等が揃っていれば、いつものお気に入りのフローティングミノーを使い、
一つのポイントで多くの時間をかけずに次々ランガンすれば活性の高い個体を拾って行くことができる。
一方でヒラスズキのヒットする条件が揃っていない時こそ、ルアーローテーション、レンジコントロール、
アプローチの仕方等々、多くの引き出しを持つアングラーが力を発揮する。
でも僕のような引き出しの乏しいアングラーは条件の良し悪しに釣果が大きく左右されます。
もっと普段から色々な事を試したり・・・色々な事を考えたり・・・しなければと痛感 痛っ! 笑




そして翌々日の朝・・・

何故か不思議といつもより疲れが早く取れ、体調も悪くない。
去年から始めた毎朝のランニング(ほとんど歩いてますが何か・・・)が効いているのか・・・
明日の予報では程ほどに波有りで、潮位良くて、曇りで、暑くなさそうで・・・
前回の釣行からわずか中二日だけれど決行!!!




早速、かみさんにいつものメールを・・・




               「 明日、オニギリ m(_ _)m 」




え”~っ!また行くん!?





と、言われるかと思ったら すんなり・・・





                   「 (^ー'*)b 」





多分、OKという事だろう・・・笑
ちょっと気持ち悪いが 遠慮なく行かせて頂くこととする。




当日は波浪予報の関係で大きく場所を変更・・・
d0226214_134463.jpg

今回は早起きし、久々に日の出の時間に現場に立つことができた。
波は思っていた程は無いが、先日のようなことは無く十分釣りになる。




今回はいつもと少しだけ違ったアプローチを心がけ、広いエリアはポイントをいくつかに分割してイメージ。
d0226214_13444215.jpg




また、ポイントが立ち位置から至近の場合は、渓での釣りのように徹底したストーキングを心がけ・・・
(ポイントのサラシが消えかけた時、おもむろにポイントに立つと シャローのヒラが逃げて行く様子を見る事があります)
サラシの厚み不足はルアーのサイズとレンジに気を配り、過度のアピールにも注意。




こうして一発はバラシてしまいましたが、まずまずの条件にも助けられ 何ヶ所かで数尾。
d0226214_1345826.jpg

60位ですが、ヒラスズキのコンディションは良く パワフル。
いつ見てもきれいで眩しい燻し銀です。




これは、ベイトのキビナゴを吐き出しながら良く飛んだ67。
d0226214_13453677.jpg




ここまでは良かったのですが・・・


この後、昼からの予定だった 北東~東北東の 強風大雨が 早々に始まり、
直後に底荒れの濁りが入り始め やむなく終了。
d0226214_1346498.jpg



せっかく来たのに・・・たった3時間強で撤収を余儀なくされ、何とも寂しい思いで帰途に。


いや、ここは早めに帰ってご機嫌取っとかないと家庭内でもそろそろ爆風が・・・笑
[PR]
by kobochan28 | 2011-05-25 18:39 | ヒラスズキ | Comments(4)

-high season-

改正消防法が交付され、既存住宅でも今年の6月1日より住宅用火災報知機の設置が義務付けられます。
(期日は各市町村条例により異なります)
d0226214_16274670.jpg

先週、高知の実家にも取り付けに帰りました。
取り付け場所は寝室と階段ホールで、下地さえ確認できれば誰でも簡単に設置できます。
住宅火災の死者の多くは就寝中での「逃げ遅れ」が原因です。
今回の震災を機に防災意識を高め、大切な家族を守る為にも早めに設置したいものです。



もちろんこの日の午前中にも釣りには行きましたが、どピーカンの正午ジャストに50cmのヒラセイゴで終了。
d0226214_1630589.jpg




帰り道、海岸沿いに黒山の人だかりが・・・





d0226214_16292097.jpg

掻き分けて前に出ると大きな鯨が・・・さすが太平洋です。

ちなみにこれからの季節、サラシを打っていると小型の鯨のような動物が出現することが多々あります。
サラシのなかで小魚を食べているのでしょうか・・・
こんな時はあまりいい思いをした記憶がありません。
きっと荒磯の王者も岩の下に頭突っ込んで隠れているのでしょうね 笑






そして昨日はしっかりと重量の乗ったのが釣れました。
今回は持って帰ってお裾分け・・・
d0226214_1784889.jpg



設備やさんシッポが写ってないですよ~ 
[PR]
by kobochan28 | 2011-04-19 19:31 | ヒラスズキ | Comments(7)

感謝の心



帰省を兼ね、日帰りでも十分ヒラスズキに逢える環境に感謝。
いつも僕に朝とお昼のおにぎりを作ってくれるかみさんに感謝。





                   合掌・・・笑




d0226214_1345973.jpg

いつものように陽が昇ったことを確認してからゆるりと準備・・・

今日も安全に釣りができるようセットの入り方、間隔をしばらく眺めてみる。
そうして現在の潮位、前日確認した天気図、風向風速の予報をリンクさせ
ポイントを打つ順番を新たなポイント開拓も織り交ぜながら決めていく。


しかしこの順番・・・いつも本当に迷う。 
少し間違えると次に向かったポイントが僅かな潮位の変化により終わってたことも良くある。
でもこの順番決めの作業程、胸の鼓動が高まることは無い。





そして朝一、腰位のシャローエリアに差していた固体。
d0226214_13102227.jpg

一人写しの笑みはキモい・・・苦笑





少々痩せ気味だがベイトの鯖子をたくさん吐き出していた固体。
d0226214_13123341.jpg



他にも魚は出るのですが、この日は南西の風がやや強くラインに風がはらんでミスバイトを連発・・・
腕の無さを痛感。ほんとまだまだです。



それらを矯正するべく、ひたすらゴロタを歩き磯を高巻き打つ。
d0226214_13175763.jpg





何かしらノスタルジックな感じの建造物と小道で一枚・・・
今度はここでおにぎりを食べようかなぁ。









正体不明の海獣も・・・
噛みつかれないよう横をそろりと通過・・・
d0226214_132135.jpg

時計を見るともう7時間の徘徊・・・
明日の仕事のことを考えるとそろそろ終了でしょう。


車に戻り、草むらの蔭でポリタンのお湯を頭からかぶる・・・これが結構至福の時だったりします。
気持ちよく体を潮抜きしてると、高い所からじっと見下ろしている体格の良いおばちゃんが二人・・・
しばらくして近寄ってきた。
裸の僕はタオルを身にまとい身構えた。

おばちゃん達は横の畑の水栓の水を自由に使いなさいと言う。
疑ってごめんなさい・・・笑

ありがとうございました。
おばちゃんの心遣いに感謝。



感謝の心によって、小さなことにもありがたさを実感でき、幸福感が得られますよね。
今日も気持良く釣りが終了しました。






帰る途中、ガム君から電話を頂き、急遽夕まず目のポイントへ急行・・・
陽が落ちるまでに何とか間に合いました。
d0226214_13391626.jpg




構図がどうやこうやと悩めるガム君・・・
僕は何も考えずにシャッターを押すだけ 笑
d0226214_13372045.jpg

素晴らしい写真はこちらです。

[PR]
by kobochan28 | 2011-04-10 19:27 | ヒラスズキ | Comments(6)

-with GATH(GAS)-

友人のガスやさんも 寝る間もない位忙しかった年度末の仕事も区切りが付き・・・
かと言って平日の休みも家でゆるりとする事も無いようで・・・
未明に南へ走らせようとする僕の車に乗り込んだ。




d0226214_16581365.jpg

現地は山から風が吹き降ろし、沿岸部の波は皆無で思ったとおりの穏やかな海。
陽もほぼ水平線から顔を出し、日中はとても暑くなりそう。

マズメのチャンスで最初に1バイト取ったのはガスやさん。
しかしその後、バイトは続きません。

でも陽が昇り気温があがれば少しの海風が吹き始め、日中でも小さなうねりで十分チャンスがあるこの季節

そして、ゆるい南西が吹き始め潮も返した10時30分過ぎ・・・





延々と磯を徘徊する二人に沖の方からプレゼントが届き始めた。
d0226214_1703696.jpg

その小さなうねりは見え隠れするシモリにヒットして、サラシが少しづつだが効いてきた。





d0226214_17244778.jpg

より良いサラシを求めて、ガスやさんはアラフィフながら歩き難いゴロタのシャローを忙しく駆け回る。

d0226214_17235035.jpg




そして、むやみに打つのを我慢しそこそこのサラシを待てば多くの反応が出始める。

d0226214_1731437.jpg


雲ひとつ無いような青空の下・・・

しかも時間は陽が燦々と降り注ぐ昼の11時頃・・・

陽の光に映えるヒラスズキのファイトは特筆に値します。


d0226214_173455.jpg





アラフィフで唯一リズムの合うガスやさん・・・
お疲れ様でした。
d0226214_17192731.jpg

鱒もシーズンインですがしばらく雨待ちのようですね。
また次回もどうぞ宜しくお願いします。
[PR]
by kobochan28 | 2011-04-01 17:38 | ヒラスズキ | Comments(8)

-again-



前回の釣行の帰り、実家で仮眠取った時の寝冷えが原因のよう・・・
喉が痛み、耳が詰まった感、微熱...病院で処方して頂いた抗生剤の効果ももう一つ。
飲み続けて三日・・・ほとんど体調に変化無し。


そして翌日・・・同じ学び舎で音楽を共に学び、同じ屋根の下で共に過ごした
福島県いわき市の友人と再び連絡がとれた。
本人、ご家族も無事だった。


よかった。

本当によかった。

泣けてきた・・・








そういえば明日は祭日かぁ・・・








d0226214_2047913.jpg


再び・・・苦笑






ゆるりと8時からスタート。
気温も18度を超えてくると、5mm-3mmのフルスーツでやや暑い。
雲の間から少しの陽が覗くとたちまち暑くなってくる。
あと僅かで早くもウェットは衣替えになるのだろう。
崖の上の山桜も散り始め、水も前回より随分温んできた。




d0226214_2049918.jpg






ヒラスズキも産卵をひかえた固体、終えた固体が混在する季節。
今日は食い気があるのかないのか良く分からないけれど・・・





d0226214_2049329.jpg




少しだけ白泡の残った足元のエグレから飛び出た、肩の筋肉が見事に盛り上がった燻銀





病み上がりの体なので頻繁に水分を流し込んだせいかどうか・・・
少し歩いては身にまとった多くのブツを振りほどき・・・
d0226214_20504112.jpg

急いで背中の防水ファスナーの紐をたぐり寄せ一気に下ろす。
そして汗ばんで体にへばり付いたスキンのウェットを必死で引き剥がす。
慌てたら慌てるほど脱げないし我慢できない・・・
小用だけで何でこんなにしんどいの? 苦笑
何とか上半身を脱ぎ腰まで下ろした瞬間?あるいはその直前?
セーフか・・・チビッたか・・・笑



そういえば最近少々頻尿気味・・・笑




Gam君に言われそうで・・・





一言だけ・・・





「トシ・・・」





「はい・・・」






最近素直な仙人です 笑

[PR]
by kobochan28 | 2011-03-23 21:16 | ヒラスズキ | Comments(7)

心地のいい海



今年4回目5回目の磯ヒラ釣行。
2月末と3月の頭の釣行をまとめて・・・

両日とも各サーフィンポイントは完全にクローズアウト。
前に出られず、打てるところは限られておりポイントまで届くルアーも限られている。
2月末の釣行では手持ちのシンペンでいくつかのバイトを拾う。

d0226214_224182.jpg


昼から前線通過後、強烈なオフショアが吹き荒れ サラシが潰れ ルアーコントロールもままならず撤収。

そして中三日の3月1日・・・
疲れの残る体に鞭打ち決行する。
現地は今日も波が大きく小雨が降っている。

d0226214_2245778.jpg


腰が引けながら波のリズムを見て前に少しずつ出る。
磯に打ち砕かれ体に降り注ぐ豊潤な海の飛沫がなんて心地いいんだろう。
歩き回ると雨にもかかわらずスキンのウェット内にジワリと心地のいい汗も・・・

そしてリーフブレイク手前のプールから何尾か飛び出してくれたヒラスズキ・・・

d0226214_2210244.jpg


得意のバラシもあったが自分なりに満足なサイズも・・・

d0226214_22103872.jpg


しかし潮が込みに転じた後、ますます海が荒れてきたので早めに納竿。

今日も燻銀に出会えた事に感謝。



その後・・・

一度実家に立ち寄った後、高速で一気に帰途に付く。

久々に友人から声がかかっていたのでふらふらしながら近所のお好み焼きやへ。

(みんなお好み焼きは食べてませんが・・・)

d0226214_14534552.jpg


解禁直後のサクラマス捕獲作戦会議中でした。

d0226214_1454064.jpg

[PR]
by kobochan28 | 2011-03-07 22:35 | ヒラスズキ | Comments(5)