1963年8月生まれ。      修行の足らない仙人の日記です。サツキマス釣りが好きでシーズンは一日中河原を歩いています。  大昔やっていたヒラスズキ釣りを復活させるも太平洋の大波や寄せる年波にも苦戦。


by 仙人

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体

ヒラスズキ
鱒、ヒラスズキ

ウインドサーフィン
その他

Link

画像一覧

最新の記事

温んできた故郷
at 2017-04-06 21:33
鼻を洗いに・・・  笑
at 2017-03-12 21:40
いつまでも若いと思うなよ !!
at 2017-02-17 22:22
今年も穏やかに明けました・・
at 2017-01-10 17:16
2016 真夏の回想録
at 2016-11-06 14:50

記事ランキング

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月

検索

タグ

ブログジャンル

四国
釣り

最新のトラックバック

Cool stuff o..
from Cool stuff or ..

ライフログ

カテゴリ:鮎( 20 )

季節は友釣り ♪



実は、 1週間ほど前に 僕の今シーズン が始まりましたが、
この日は渇水とは言え 8尾の貧果・・
今年で3年生になるのに、 この調子では万年いちねん坊主です   大汗



そして2回目の今日・・
お山の先輩 に状況を聞くと 「 まだまだ来るな!! 」 と・・
それでもって客足少ないのに、 オトリは常に毎週元気なものに入れ替えるという・・・
ホントに涙が出そうなくらい正直なオトリ屋さんです。
先輩が 「 さあ来い!やれ来い!」 となった時は・・
乞うご期待ですね ♪




そんな感じで、 売上伸びず ちょっぴり凹んだ先輩とこで・・    (笑っちゃいけないです
元気いっぱいのオトリ鮎をわけて頂き、
梅雨前線の影響で 少々潤った支流を遊んできました。
d0226214_12341515.jpg

今回は釣果の写真のみです (最大23cm)
友釣りは一旦釣りを開始すると、 写真を撮る 気持ちのゆとりがまるで無いのです・・・
もう少し上手になったら 綺麗な現場の写真も撮れるかな~
いつになるかしら・・・   笑

さて、 友釣りの本格シーズンは もうちょこっとだけ先のようですが、
「 まだ来るな~!! 」 って言っても これからもガンガン行きますよ!  笑

[PR]
by kobochan28 | 2014-07-08 18:30 | | Comments(8)

鮎の友釣りと 不整脈




友釣りは 時間の許す限り 行っていました  笑
この釣り、 現地の雰囲気は 写真ネタ満載なんですが・・
一旦釣りが始まると、 ほんと カメラを手にする余裕も無いのです。
よって、 いつも家に帰り着いてから 画像が無い事に気がつきます  笑
よって よって、 ブログの更新も中々できません・・  汗
でも、 この年齢になって これ程熱中し、 ドキドキできる遊びなんて そうはありません。


そのせいかどうか・・・   ( いや絶対そのせいや! 笑 )       

数年前から少々気になっていた マシンガンのような早撃ち不整脈が 頻発 するようになり、
近所の病院で心電図をとると不整脈の一種、 「心房細動 」  との事。
発作がおこると、 心房は細かく震えるだけで しっかり収縮しなくなります。


注意すべきは その結果、 心房内で血の塊ができ 脳に運ばれ脳梗塞となります。
これで倒れたのが 小渕元首相、 ミスターG長島さん、 最近では サッカーのオシム監督、
みんな心房細動からの脳梗塞が原因だそう・・






早速、 紹介状を頂き 総合病院へ・・・  汗
d0226214_13381623.jpg

検査の後、 カテーテル アブレーション (心筋焼灼術 ) を施し、
今月中旬、 退院してまいりました。
2~3ヶ月しないと根治したかどうかは わかりませんが、
それを待たずに磯への出勤も始まることでしょう..   苦笑
ちょっと気をつけないといけないのは、 血液さらさらの薬を飲んでいる事!
そうです・・     度々おこる磯での流血事故!  
貝で怪我したり、 フックが指に刺さったり・・・  ( なんて程度ですが・・ 笑 )
鮎の極細錨針ですら 血が止まりませんが何か・・・  爆


不整脈の原因は、 加齢やストレスが原因とも言われていますが、
年甲斐も無く、 過度の興奮状態が続くのも要注意?!
皆さんも 年も寄せてからのドキドキすることは控えましょうね   ( 若い彼女作ったりとかね・・ 笑 )





さて・・
d0226214_1056258.jpg

僕の 長い長い夏は 終わりました・・・
ウェイトを使った釣りも ずいぶん慣れました。
囮鮎も 少しは思った方向へ向いてくれるようになりました  笑



やっとの事で手に入れた、 友釣り用 Newロッドも しっかりメンテ・・・
d0226214_10515551.jpg

来シーズンに向け、 しばしの間 眠ります。
  




しかし、 シーズン終わったばかりなのに まだまだドキドキ感さめやらず、
d0226214_111434.jpg

あーだ こーだと、 夜な夜な仕掛けづくりに励んでいます  笑




そして来年早々は・・・
釣友である Gam君の 「 大仕事 」 のお手伝いをさせて頂く事になり、
これからも ますますドキドキ感 MAX の予感・・
大丈夫かな~    笑

[PR]
by kobochan28 | 2013-10-27 10:52 | | Comments(9)

居座る・・ 夏




四国は この夏、 極端な渇水・・  のち 豪雨という、
さながら熱帯の様相です。
大型の鮎が期待できる9月に入ってからも、 本流筋の濁りもなかなか取れず・・
休みと濁りが取れたら また台風ということで、 うまく釣行タイミングも合いませんでした。



そして先日、 やっと お山のオトリ屋さんへ
台風連発で お仕事も大変ですが頑張って下さいと・・  

いつもの 岩盤の神棚には ダバダ火振が祭られ・・
d0226214_11571855.jpg




鮎の神様も元気そう?
d0226214_11573388.jpg






さて友釣りの方は・・

水の中は既に最盛期を過ぎた為かどうか、
波立つ急瀬では反応が無く・・・
ウェットスーツで思い切り立ち込み攻めた、 トロの流心で反応があり、
やや痩せていたものの、 まっ黄っ黄の 良いサイズ連発・・

まだ暑いからなのか・・
そろそろ現れる 「 さびあゆ 」 と呼ばれる、 橙と黒の独特の婚姻色には程遠い・・
d0226214_11575153.jpg

高貴な・・  まだまだ若鮎?





気を良くした僕は、 叔父から借りっぱなしの竿を
d0226214_11582250.jpg

遠慮なく使い倒し・・   爆
夕方前には、 より遠くへ・・ 流心へ と送り出した右腕が上がらなくなり終了。

自宅付近まで戻ると、 涼しかった川辺が嘘のように 暑かったです。






いや~  今年の夏は暑かったですね~
と言うより  今も 暑っ !!  笑
d0226214_1159599.jpg

なので、 冷たいビール また飲みに行きましょう!  笑

[PR]
by kobochan28 | 2013-09-22 11:59 | | Comments(8)

短かかった 夏休み





今年も、 一人高知の実家で ゆるりと過ごす事ができました。

そこで 待望の叔父との釣行・・
とても71歳に見えない、 シャンとした姿勢と その健脚・・・
冬は沖磯、 早春からは渓流、 そして6月からは鮎を追う スーパーマン  笑

最初は しばらく竿をおいて 勉強させて頂きます。
d0226214_2384494.jpg

オトリ鮎の取扱いから、 ポイントへの滑らかな誘導・・・
一連の流れが非常にスムーズで 惚れ惚れします。

僕の友釣りは この日で満一年・・・ 
叔父のように、 もっともっと上手になりたい!! 
そして 叔父の年齢になっても 元気に釣りをしていたいと 切に思う。

また ご指導のほど、 宜しくお願いします。








休み中は ガスやさんとも釣行・・
d0226214_2391540.jpg

良いポイントに向かう為には ヒラスズキ釣り同様・・
藪コギはもちろん、 崖のアップダウンも必須ですが、
18ℓ のオトリ缶を背負っての修行は結構キツイ    苦笑



友釣り中に少しの悪戯も・・
この季節、 とても肩身の狭い思いをしている本流アマゴ・・
鮎と ほぼ住み分けが出来ている中で、
朝一、 ルアータックルにて少々粘った末に得た、 9寸に少し足らないが 背中の筋肉が立派なヤツ。
これに逆さ針を打ち、 早瀬に送り出すと 間もなく掛かった20cmに満たない野鮎・・ 
これって 色んな事が見えてきますよね。










2013   盛夏 ・・・

躍動する水の中では、      ( ガスやさんが撮ってくれました ♪ )
d0226214_2395580.jpg

自身も、 一切の女性を忘れることもあるんだな~と 関心したり・・   爆



彼を魔界へ引きずり込んだ僕は
帰り道、 家で待ちくたびれた 愛娘からの 「 いつ帰るの? 」 コールを 横で聞くたびに
罪の重さを感じる・・    汗   









さて最近、 四万十川のほとり大正町に蔵元のある 「 無手無冠 」 の造る、
 「 ダバダ火振 」 に とりつかれています。
村人の集いの場である 「 駄場 」 と、 夜間に行われる四万十川の鮎漁 「 火振り漁 」 を
合わせて命名されたという この焼酎・・
原料の半分が地元特産の栗で出来た、 そのまろやかな風味と 野鮎 の塩焼き・・
d0226214_23105176.jpg

毎晩僕を 「 瞬殺 」 する この組み合わせ・・・   笑

仙人よ・・   
身も心も どれだけ酔えば気が済むの?! 
と、 言うより 充分酔いがまわる前に すぐに深い深い睡眠へと落ちていきますが・・・  笑








  
皆さんの夏休みはどうでしたか?

僕は今年も 6日間の夏休みが とても短く感じました   笑

[PR]
by kobochan28 | 2013-08-24 23:06 | | Comments(11)

the days of 鮎狂






このところは鮎の友釣りに どっぷり・・・

毎度の休みは、 道中 メータークラスの鮎達を横目に、
d0226214_13562818.jpg

清流に向かって車を走らせることと なっています   笑





この魚・・・
釣趣、 味覚もさることながら、
別名 「香魚」 と呼ばれる程  かぐわしく、
姿かたちも高貴・・
たちまち 魅せられてしまいました  笑
( まあ、ハマりやすい単純な性格ですが・・ 汗 )



晩酌しながら、 せっせと錨巻きに励み・・
d0226214_135009.jpg

朝早く目が覚めたなら、 出勤前にハナカン仕掛け作ったり・・・
日々の生活が 鮎に翻弄されています  爆
まさに 「 生活の中心で鮎を叫ぶ 」 っちゅう感じです  笑





そんな危険極まりない釣りに・・・
d0226214_13504753.jpg

同行のガスやさんも ハマっちゃいましたか?  笑
竿を出す前の 川見にも余念がありません。







さて、 下手の横好きも 数通えば少しずつ掛かるようになりました。
ポイントは、 いち早く 養殖オトリで野鮎を掛けること!
普通に泳がせているだけでは、 野鮎は養殖オトリをライバルと認識してくれません。
しかも速い流れに弱く、 下手な僕の操作では ずるずると下流へ流される始末・・・

上手く野鮎を掛ける事ができ、  速やかにオトリとして交換できたなら、
僕の手元からロケットのように発射され、 早瀬をどんどん上って行き、
そこら中の 血気盛んな鮎達に、 ケンカまくってくれるんです  笑

8月に入って鮎の付き場も瀬が中心になり、
クリアすべき、 これからの課題も見えてきました。
どんな元気なオトリでも水勢に負けてしまうガンガン瀬・・
この泡の中には背中の筋肉が見事に盛り上がった野鮎がいます。
そんな奴らを攻略するには オモリを使った瀬の引き釣りが必須なんですが・・・
まだまだ、 訳わかりません・・  汗  
チャレンジあるのみです。







8月4日・・
この日は しばらく泳がせ釣りを試みますが、 オトリが弱ると次第に流されてしまう早瀬。
そこでウェイトを 適正であろう負荷が得られるまで、 徐々に足していきます。
そのお陰で水中糸が安定し、 その下でオトリが泳ぎ回る感覚が、
なんとなくですが、 得られたような・・   無いような・・   苦笑

その後、 徐々に雨模様となって 鮎の活性があがったのか、
次々に鮎が掛かり始めました!!
しかし次第に雷ゴロゴロ、 大雨とともに、
d0226214_13522095.jpg

上流から もやが流れてきました。

そして9.5mのエキストラロングロッドを担いだ、 まさに人間避雷針は
広い河原で逃げるところなんてありません   涙
なんとなく オモリの感覚が解りかけてきた矢先ですが、 無念の撤退です。


それにしても、 やればやるほど課題が見えてくるこの釣り・・・
活きたものを 落差のある流れの中で、 レンジをも意識しながら、
ポイントに送り込む、 通過させる、 止めることの難しさ・・
これがマスターできれば、 もう少しルアーにも生命感を出せるような気がします。






最近は、 釣った鮎が いつも美味しく頂ける様 ひと工夫・・
d0226214_1353952.jpg

塩を少々入れた氷水で、  活かせておいた鮎を現地で氷〆・・
家に到着後、 氷水を入れたフィルムに鮎を入れ、
水を張った容器に漬けて空気を完全に抜いた後、 逆さにして余分な水も抜いて冷凍保存。
こうすれば、 冷凍焼けもなく いつでも美味しく食べられるようになりました。
見た目も大変きれいです ♪











そうして・・
そうして・・

来たる、 8月8日 ・・・
ついに 五十歳 の大台を迎えます。
昔は 「 人生五十年 」 と言われていましたが、
幸い 何事もなく迎えられそうです   笑

あくまでマイペースで釣りに励みます。
これからも 「 自然 」 に生かせてくれている事に感謝しつつ・・・


あっ!   誕生日のプレゼントは どこまでも受け取りに参りますので、
宜しくお願いします   笑









ちなみに今、 我家の冷凍庫は いつもこんな感じ・・
d0226214_13534161.jpg

ええでしょ ♪  笑

[PR]
by kobochan28 | 2013-08-07 14:59 | | Comments(11)

2年目の修行・・





40過ぎに レーシック手術を受け 「 2.0 」 の視力を手に入れた僕は・・・
ローライトの沢で、 ミノーに じゃれてくる渓魚はもちろん、
水中で ヒラスズキがバイトするシーンですら見える事があります。


一方、 その とてつもなく大きな代償として、
近年、  ろー眼が  超~~~ 高速で 進行し・・   爆
仕事の際、 デスクに向かうも手元の書類の文字がかなり見えづらく老眼鏡必須。
完全に仕事の目で無く、 遊びの目と化していますが・・・   汗
自宅においても、 全ての部屋に100均で買った老眼鏡が すぐ手が届く所にころがっています   笑


そうして、 遠くが良く見え 近くが見えないという事は、
釣りに関しては さほどデメリットは なさそうですが・・
こと 鮎の友釣りに関しては、 手元で鮎の小さな鼻にハナカン入れたり、サカサバリ打ったり、
シーズン当初に良く使用する 「 0.05号 」 という超極細の水中糸が切れたりしたら
も~~   大変・・・
そんな事で、 お気に入りのTALEXレンズに 100均のクリップ式老眼鏡を挟み込むという、
自らのテンションを下げるスタイルにも、 去年から だんだん違和感を感じなくなってきました  笑







そして2年目のチャレンジ・・
僕の 友釣り開幕となった、 6月の中旬は・・
d0226214_21434083.jpg

すがすがしい朝もやに包まれた、 近所の清流へ・・・

車で 僅か45分位の 財布にやさしい場所です ♪





約8カ月ぶりとなった 友釣りでしたが、
去年と明らかに違うのは、 オトリが良く泳ぐということ・・・
なぜだか、 オトリも元気で弱りにくい ?
検証した結果 腕が上がった訳では無く、 去年と違う 道具の差でした   汗








画像が粗くてすみません・・・





こんな感じで・・
今年も楽しい修行が、 既に開幕しています ♪

[PR]
by kobochan28 | 2013-06-21 20:06 | | Comments(11)

終わりの終わりへ ・・




友釣り初挑戦の8月末の釣行から、 数えること8回目。
平日休みの今日も 自然に足が向く場所は・・・
d0226214_21122463.jpg

レトロな雰囲気が良い感じの囮屋さん ♪





お店の奥には、 自然の岩肌を彫って作った可愛らしい神棚も・・・
d0226214_2113364.jpg

しっかり お賽銭箱もあるのが憎いです  笑





鐘の下には小さな鮎も泳いでいました。
d0226214_21132034.jpg

鮎の神様・・・  今日は爆釣 宜しくね ♪








ここの囮屋さん、  日の出直後から 地元友釣りエキスパートの方達が
毎日 仕事前に集う、 そんな場所・・・
これも ご主人の人柄だと・・  間違いありません。




緊張の僕も 一緒にまぜて頂いて、 しばしの談笑。
d0226214_21172379.jpg

毎回、 そんな大先輩の方々とモーニングコーヒーを頂く幸せ・・・


そして それぞれの仕事へと向かわれたのを見届け、
僕は囮を抱えて、 いざ お目当てのポイントへ・・・







朝一は 霧が立ち込めていた お山の天気も・・・
d0226214_21174565.jpg

ウェットに着替えるころには すっかり秋晴れ。





さて、 前回の釣行は坊主どころか 屈辱のマイナス3匹という事で、
今回は むちゃ気合入っています  笑
しかも翌日は台風の影響による降雨で、 今シーズンは終わりかもわかりませんし・・





話かわって・・・
なぜマイナス3匹か?
バラシ2で釣果ゼロのうえ、 引き釣り倒した囮鮎 3匹は ご苦労様と 川に返したからなんです。
マイナス釣果がつくのも この釣りの恐ろしいところ・・  爆





結果、 今回は15匹あまりの釣果を得、 リベンジ達成です!
最大の28cmと26cmの2匹は  「 あゆの背ごし 」 にする為、 活かして持って帰ったものの・・・
d0226214_21182318.jpg

この日を思い出して 結局、 塩焼きになっちゃいました  笑


ご馳走様でした ♪





囮屋さん・・   また来年も どうぞ宜しくお願いします。

[PR]
by kobochan28 | 2012-10-17 21:09 | | Comments(10)

終わらない 清流




「 終わりの終わり 」 のつもりが
「 終わりの始まり 」 になってしまって・・・   苦笑

d0226214_10251227.jpg








朝一、 鮎タイツでは冷たそうなので、
今日はスキンのシーガルをチョイス。

シーズンも終盤だからなんでしょうね・・・
鮎は目視できますが、 思うように掛かりません。
初めてチャレンジした 8月末の方が掛りました。

ランディング中のバラシ3発。
引き舟からオトリ缶への移動中、 飛び出したのが2尾。
ハナカンはずれ1尾。
で、 獲れたのは全部で10匹。 






数は伸びませんが 随分大きくなりました。
d0226214_1154407.jpg

手前のは28cmもありました。

この鮎 瀬肩で掛かった瞬間、 ガンガン瀬を下るは下る!
こちらも 鮎について一生懸命走るは走る  笑
むっちゃ楽しいです ♪

獲った瞬間、 オトリはハナカン抜けて 居なくなっていましたが、
キャッチできて一安心です。

この日は、 何度か引き抜きにもチャレンジ・・・
オトリだけキャッチして 掛けた鮎はタモの枠外でブラブラなんてのもあり、
間抜けで 笑えてしまいます。

でも今は、 何もかもが新鮮で楽しくて仕方がないんです ♪










さて今宵・・・
清流の恵みに下鼓を打ちながら、
d0226214_12145.jpg

そして間もなく開幕するサラシ劇場。
ヒラスズキ用メットを装着し、
その黒潮かほる大海原にも想いを馳せて・・・   合掌







ああ忙しっ ・・   笑

[PR]
by kobochan28 | 2012-10-06 10:15 | | Comments(12)

ガスやさんも Debut !!



久しぶりの日曜休み。
今日は友人の ガスやさんが 鮎の友釣り初挑戦。
目指すは高知の清流です ♪


師匠は僕!
友釣り歴1回の ド素人ですみません  汗


まだ少し暗いうちから囮を仕入れに出向きます。
なかなか雰囲気の良い囮屋さんで、 ご主人さんも大変親切な方でした。
d0226214_17523327.jpg

ガスやさんのシビアな囮選定に時間が少々かかります。





さて、 現地・・
ガスやさんは 前回の僕同様、 9mのロッドをもてあまし、
見えそうで見えない繊細な仕掛けに四苦八苦。
かろうじてロッドは素股では挟んでいませんが、 少々苦しそうなシーンです  爆
d0226214_17471592.jpg

いつもは強面の彼も 内股で可愛い感じ・・    笑




僕の引き船は7.5L・・
d0226214_17474368.jpg

ガスやさんは8Lをチョイスしました。
どうしても僕よりたくさん掛けるつもりらしいです。
今から これに乗って鮎を捕獲しにいきます  笑





しかし8月下旬の台風から ずっと増水気味の河川は
初心者の僕らを阻みます。

季節も既に9月の半ば・・・
鮎も下流へ落ちる事を意識し始めたのか・・・
前回よりも野鮎の追いが 随分甘いような気がします。
d0226214_1748221.jpg

そして、 三カ所目は しっかりガスやさんにやられました  涙





d0226214_17484371.jpg

香良く 艶やか・・・
ほんと美しい魚です ♪
釣趣もさることながら 姿かたち、味覚の方も最上級クラス。





ここ最近、ターゲットが増えすぎて困っています。
でも季節ごとの 旬の釣りはいいものです ♪
おかげ様で アルコールも良くすすんでいます。  笑

[PR]
by kobochan28 | 2012-09-10 17:57 | | Comments(7)

debut !



ツクツクボウシの声があちらこちらで聞かれるようになりましたが、
日中はまだまだ暴力的な暑さですね。

さて、 今年のお盆休みも 4~5日は実家で過ごすことができました。
帰省途中、 ちょっと寄り道・・
d0226214_10494677.jpg




渓の様子を見に行きます。 
d0226214_1050311.jpg




流れの脇の水たまりの上を
あまり見ない 緑色の金属光沢を放つトンボが旋回・・・
ヤンマに似ていますが、 体長は大型ヤンマの半分位。
d0226214_10501723.jpg

止まっても じっとしてくれないので、 
トンボには申し訳ないですが、 帽子で捕まえての撮影です  笑
調べてみると タカネトンボのようです。
名前のとおり、 高嶺 ( タカネ ) に居てました。


メインは磯・・・
しかし、 今回は 魚との格闘というより連日 雷との格闘で  汗
d0226214_10504025.jpg

aji 違いの貧果で終了するかと思われた 実家でのお盆休み。







休みも終盤・・・
思いつきで、 実家から程近い 鮎師の叔父の元へ・・・
鮎暦は50年近く、 トーナメントで県外へも出向いているようです。

友釣りを見せて下さいと お願いし、 近くの某河川上流部へ。
d0226214_1051191.jpg

8月なのに ひんやりとして心地良い  ♪



少し竿を 触らせてもらい、
その道具全ての繊細さに驚愕!

メインラインの水中糸は金属系0.05号。
髪の毛より細いというよりも・・  見えませんが・・・ 汗
色々アドバイス頂き、 釣り易いトロ瀬でまぐれの1匹。



竿を返した後は 瀬を攻める叔父をずっと観察する・・・ (右側 中央)
d0226214_10512158.jpg




繊細な仕掛けで自在にオトリを操り、 叔父の思うがままの展開へ。
d0226214_134087.jpg


元気な野鮎を 次から次へ掛けていく様は凄いの一言・・・



仕上げは 9mのロッドの向こうから飛んでくる2匹の鮎を
d0226214_105154100.jpg

直径わずか40cmの鮎タモでキャッチ。


来年は70歳やから年券500円や・・・ とニヤリとする叔父。
( こんな元気なおっちゃんは 割り増しで漁券買って頂かないと・・  笑 )




興奮の実釣見聞後、
叔父に おそるおそる竿の値段から聞いてみると・・・

35万円!!!

テクニックや仕掛けの繊細さ、 道具の煩雑さも さることながら・・・
やはり敷居が高すぎ!



翌日は実家で過ごす盆休みの最終日・・・
夕べから 頭の中でぐるぐる鮎が回っているまま、 またまた叔父の家へ

マシンガンのように 遠慮の無い質問攻めができるのも叔父ならでは  爆
その昔使っていたロッドを僕の手に持たせてくれたのは
弟子入りOKという事と理解しました  笑






そして盆休みも無事終わり、  黙々と鮎の道具を揃えていく・・・  ( かあちゃんゴメン )
幸い身近で友釣りを引退された方もいらっしゃって、
必要な道具を分けて頂いたり・・・
意外に初期投資が少なくエントリーできそうです。


数日後、 満を持して 始めての釣行へ・・・
子供の頃のように興奮して前日は寝付けませんでした  笑


お目当てのポイントにエントリー。
最初の1~2時間は 自分が何をしているか分からない状況。
その中で一番の難問は 繊細な仕掛けが見えないということ・・・
サングラスと老眼鏡かけたりはずしたりが大変
しかも9.5mのロッドは常に肩に掛けたままで鮎にハナカンかけたり
逆さ針打ったり・・・

友釣り師は さしずめ手品師といったところでしょうか・・・
初めての友釣りはそんな印象でした。




d0226214_11494821.jpg

遊んでくれた鮎達と・・・
d0226214_1161610.jpg

山間部の田舎でGoogle Earth を駆使して
丁寧にポイントを教えてくれたオトリ屋のおっちゃん、
そして何より、  高かった友釣りの敷居を低くしてくれた 叔父に感謝!





鮎の友釣り。

見てはいけない・・
聞いてはいけないと思っていましたが・・  
ついに禁断の釣りへと・・・    笑

[PR]
by kobochan28 | 2012-08-26 20:24 | | Comments(12)