1963年8月生まれ。      修行の足らない仙人の日記です。サツキマス釣りが好きでシーズンは一日中河原を歩いています。  大昔やっていたヒラスズキ釣りを復活させるも太平洋の大波や寄せる年波にも苦戦。


by 仙人

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体

ヒラスズキ
鱒、ヒラスズキ

ウインドサーフィン
その他

Link

画像一覧

最新の記事

大鮎最盛期
at 2017-09-17 18:00
友釣りシーズンなんですが、
at 2017-07-14 23:21
ようやくの梅雨入りで・・
at 2017-06-25 15:43
祝! 2017解禁
at 2017-06-11 13:52
GWのプレッシャー
at 2017-05-09 21:08

記事ランキング

以前の記事

2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月

検索

タグ

ブログジャンル

四国
釣り

最新のトラックバック

Cool stuff o..
from Cool stuff or ..

ライフログ

カテゴリ:鮎( 23 )

終わらない 清流




「 終わりの終わり 」 のつもりが
「 終わりの始まり 」 になってしまって・・・   苦笑

d0226214_10251227.jpg








朝一、 鮎タイツでは冷たそうなので、
今日はスキンのシーガルをチョイス。

シーズンも終盤だからなんでしょうね・・・
鮎は目視できますが、 思うように掛かりません。
初めてチャレンジした 8月末の方が掛りました。

ランディング中のバラシ3発。
引き舟からオトリ缶への移動中、 飛び出したのが2尾。
ハナカンはずれ1尾。
で、 獲れたのは全部で10匹。 






数は伸びませんが 随分大きくなりました。
d0226214_1154407.jpg

手前のは28cmもありました。

この鮎 瀬肩で掛かった瞬間、 ガンガン瀬を下るは下る!
こちらも 鮎について一生懸命走るは走る  笑
むっちゃ楽しいです ♪

獲った瞬間、 オトリはハナカン抜けて 居なくなっていましたが、
キャッチできて一安心です。

この日は、 何度か引き抜きにもチャレンジ・・・
オトリだけキャッチして 掛けた鮎はタモの枠外でブラブラなんてのもあり、
間抜けで 笑えてしまいます。

でも今は、 何もかもが新鮮で楽しくて仕方がないんです ♪










さて今宵・・・
清流の恵みに下鼓を打ちながら、
d0226214_12145.jpg

そして間もなく開幕するサラシ劇場。
ヒラスズキ用メットを装着し、
その黒潮かほる大海原にも想いを馳せて・・・   合掌







ああ忙しっ ・・   笑

[PR]
by kobochan28 | 2012-10-06 10:15 | | Comments(12)

ガスやさんも Debut !!



久しぶりの日曜休み。
今日は友人の ガスやさんが 鮎の友釣り初挑戦。
目指すは高知の清流です ♪


師匠は僕!
友釣り歴1回の ド素人ですみません  汗


まだ少し暗いうちから囮を仕入れに出向きます。
なかなか雰囲気の良い囮屋さんで、 ご主人さんも大変親切な方でした。
d0226214_17523327.jpg

ガスやさんのシビアな囮選定に時間が少々かかります。





さて、 現地・・
ガスやさんは 前回の僕同様、 9mのロッドをもてあまし、
見えそうで見えない繊細な仕掛けに四苦八苦。
かろうじてロッドは素股では挟んでいませんが、 少々苦しそうなシーンです  爆
d0226214_17471592.jpg

いつもは強面の彼も 内股で可愛い感じ・・    笑




僕の引き船は7.5L・・
d0226214_17474368.jpg

ガスやさんは8Lをチョイスしました。
どうしても僕よりたくさん掛けるつもりらしいです。
今から これに乗って鮎を捕獲しにいきます  笑





しかし8月下旬の台風から ずっと増水気味の河川は
初心者の僕らを阻みます。

季節も既に9月の半ば・・・
鮎も下流へ落ちる事を意識し始めたのか・・・
前回よりも野鮎の追いが 随分甘いような気がします。
d0226214_1748221.jpg

そして、 三カ所目は しっかりガスやさんにやられました  涙





d0226214_17484371.jpg

香良く 艶やか・・・
ほんと美しい魚です ♪
釣趣もさることながら 姿かたち、味覚の方も最上級クラス。





ここ最近、ターゲットが増えすぎて困っています。
でも季節ごとの 旬の釣りはいいものです ♪
おかげ様で アルコールも良くすすんでいます。  笑

[PR]
by kobochan28 | 2012-09-10 17:57 | | Comments(7)

debut !



ツクツクボウシの声があちらこちらで聞かれるようになりましたが、
日中はまだまだ暴力的な暑さですね。

さて、 今年のお盆休みも 4~5日は実家で過ごすことができました。
帰省途中、 ちょっと寄り道・・
d0226214_10494677.jpg




渓の様子を見に行きます。 
d0226214_1050311.jpg




流れの脇の水たまりの上を
あまり見ない 緑色の金属光沢を放つトンボが旋回・・・
ヤンマに似ていますが、 体長は大型ヤンマの半分位。
d0226214_10501723.jpg

止まっても じっとしてくれないので、 
トンボには申し訳ないですが、 帽子で捕まえての撮影です  笑
調べてみると タカネトンボのようです。
名前のとおり、 高嶺 ( タカネ ) に居てました。


メインは磯・・・
しかし、 今回は 魚との格闘というより連日 雷との格闘で  汗
d0226214_10504025.jpg

aji 違いの貧果で終了するかと思われた 実家でのお盆休み。







休みも終盤・・・
思いつきで、 実家から程近い 鮎師の叔父の元へ・・・
鮎暦は50年近く、 トーナメントで県外へも出向いているようです。

友釣りを見せて下さいと お願いし、 近くの某河川上流部へ。
d0226214_1051191.jpg

8月なのに ひんやりとして心地良い  ♪



少し竿を 触らせてもらい、
その道具全ての繊細さに驚愕!

メインラインの水中糸は金属系0.05号。
髪の毛より細いというよりも・・  見えませんが・・・ 汗
色々アドバイス頂き、 釣り易いトロ瀬でまぐれの1匹。



竿を返した後は 瀬を攻める叔父をずっと観察する・・・ (右側 中央)
d0226214_10512158.jpg




繊細な仕掛けで自在にオトリを操り、 叔父の思うがままの展開へ。
d0226214_134087.jpg


元気な野鮎を 次から次へ掛けていく様は凄いの一言・・・



仕上げは 9mのロッドの向こうから飛んでくる2匹の鮎を
d0226214_105154100.jpg

直径わずか40cmの鮎タモでキャッチ。


来年は70歳やから年券500円や・・・ とニヤリとする叔父。
( こんな元気なおっちゃんは 割り増しで漁券買って頂かないと・・  笑 )




興奮の実釣見聞後、
叔父に おそるおそる竿の値段から聞いてみると・・・

35万円!!!

テクニックや仕掛けの繊細さ、 道具の煩雑さも さることながら・・・
やはり敷居が高すぎ!



翌日は実家で過ごす盆休みの最終日・・・
夕べから 頭の中でぐるぐる鮎が回っているまま、 またまた叔父の家へ

マシンガンのように 遠慮の無い質問攻めができるのも叔父ならでは  爆
その昔使っていたロッドを僕の手に持たせてくれたのは
弟子入りOKという事と理解しました  笑






そして盆休みも無事終わり、  黙々と鮎の道具を揃えていく・・・  ( かあちゃんゴメン )
幸い身近で友釣りを引退された方もいらっしゃって、
必要な道具を分けて頂いたり・・・
意外に初期投資が少なくエントリーできそうです。


数日後、 満を持して 始めての釣行へ・・・
子供の頃のように興奮して前日は寝付けませんでした  笑


お目当てのポイントにエントリー。
最初の1~2時間は 自分が何をしているか分からない状況。
その中で一番の難問は 繊細な仕掛けが見えないということ・・・
サングラスと老眼鏡かけたりはずしたりが大変
しかも9.5mのロッドは常に肩に掛けたままで鮎にハナカンかけたり
逆さ針打ったり・・・

友釣り師は さしずめ手品師といったところでしょうか・・・
初めての友釣りはそんな印象でした。




d0226214_11494821.jpg

遊んでくれた鮎達と・・・
d0226214_1161610.jpg

山間部の田舎でGoogle Earth を駆使して
丁寧にポイントを教えてくれたオトリ屋のおっちゃん、
そして何より、  高かった友釣りの敷居を低くしてくれた 叔父に感謝!





鮎の友釣り。

見てはいけない・・
聞いてはいけないと思っていましたが・・  
ついに禁断の釣りへと・・・    笑

[PR]
by kobochan28 | 2012-08-26 20:24 | | Comments(12)