1963年8月生まれ。      修行の足らない仙人の日記です。サツキマス釣りが好きでシーズンは一日中河原を歩いています。  大昔やっていたヒラスズキ釣りを復活させるも太平洋の大波や寄せる年波にも苦戦。


by 仙人

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体

ヒラスズキ
鱒、ヒラスズキ

ウインドサーフィン
その他

Link

画像一覧

最新の記事

温んできた故郷
at 2017-04-06 21:33
鼻を洗いに・・・  笑
at 2017-03-12 21:40
いつまでも若いと思うなよ !!
at 2017-02-17 22:22
今年も穏やかに明けました・・
at 2017-01-10 17:16
2016 真夏の回想録
at 2016-11-06 14:50

記事ランキング

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月

検索

タグ

ブログジャンル

四国
釣り

最新のトラックバック

Cool stuff o..
from Cool stuff or ..

ライフログ

熊出没注意!!





東北地方にて、 ツキノワグマに襲われ死亡する事件が多発している今年・・・
遺体が発見されていないケースもあり、 数頭が人を食べた形跡もあるとのこと。



地元 四国のツキノワグマは、 本州と比較すると やや小型でおとなしいと勝手に思っているが、
釣行先でこんなのを見ると・・
d0226214_22421919.jpg

やっぱりね・・   恐







ここは熊出没エリアより下流だが、 周りの音が水の流れにかき消されるいつも通りのいつもの環境でも
この日は不気味・・
時々周りを見渡しながらと、 少々集中できない感じ・・・


同行のジムノペディさんは・・
d0226214_224356.jpg

そんな僕の心配もよそに釣りに熱中・・・   苦笑






そして四国の何処の河川もが渇水の中、 オトリ込21匹の立派な釣果。
d0226214_22441093.jpg

今年7月1日の嶺北デビューから わずか7週目のこと・・







その釣行二日後、 師匠である73歳の叔父から熊撃退スプレーを段取りしろとの連絡があり、
何もその年齢で熊に遭遇するエリアに踏み込んでまで友釣りせんでもええやんかと思いながらも・・
d0226214_22453454.jpg

即段取り ♪   

叔父も やるやるとは聞いちょったけんどやるにゃあ~~   苦笑











[PR]
# by kobochan28 | 2016-08-30 22:48 | | Comments(9)

伝染




梅雨も明け、 季節は本格的な夏を迎えています。


僕らは海の日の前後、
とても涼しい場所にいました・・・








最近よくアマゴに浮気をしているT君ですが、
がまの愛竿を握れば、 積極的に流芯を攻める鮎師へと・・
d0226214_0223835.jpg

若くてカッコいい鮎師の彼!
ワークキャップも とても似合ってますね~










そして釣友の事務局長さん・・・
d0226214_023910.jpg

この度、 7月1日に友釣りデビュー !!!
これは不幸としか言いようがありません。
( 誘ったら すぐ乗ってきましたし、 どちらにしろ鮎熱の伝染は時間の問題でした・・ 笑 )










翌日は仁淀川本流へ・・・

この透き通った 清らかな水。
d0226214_0234466.jpg

全てのストレスを洗い流してくれるパワーがあります ♪


今年の仁淀川は とても鮎が少ないと言われています。
でも、 そんなことは全く関係ありません。
僕らにとって、 釣果は二の次ですから・・・    涙








ヒゲ面に似合わず  「 ジムノペディ第1番 」  のメロディを 口ずさみながら・・・
d0226214_0242375.jpg

軽快にオトリを引く 事務局長さん。
鮎を始めて5日目にして、 本流でバンバン引き抜いてる!!!

磯のヒラスズキ、ショアジギングの他、 アジングやグレのフカセ釣りもこなす器用な彼は、
鮎も難なくエントリーできたようですが・・・  







今日の釣りが終わっても、 しっかりと平常心をもって・・
d0226214_0245595.jpg

社会復帰することを願っています・・   爆


こんな感じで、 熱病は ガスやさんに引き続き 容易に伝染していってます  笑












[PR]
# by kobochan28 | 2016-07-21 22:34 | | Comments(11)

解禁すれば、





うっとおしい梅雨も全然悪くない・・  笑




僕の鮎は 始まっています。
5月に1回、 6月は15日の時点で5回の釣行。
この釣りが始まると ブログ更新が思うように・・  汗





今年初めての河川にチャレンジ。
里川の ゆるりとしたこの空気・・
d0226214_2230536.jpg

とても 良いものです・・・ 




 
反面、 自身は ゆるりとした この雰囲気に合わせられるはずもなく、
d0226214_22315653.jpg

いつものようにガツガツと・・   苦笑

今シーズン終盤は、 この高知県東部のダムの無い川で迎えたいと思っています。






気がつけば 年券もそこそこの枚数に・・   汗
d0226214_22323316.jpg

結構な出費になりますが、  街へ呑みに行くことを考えれば安いもの・・




ついでの竿は、 
d0226214_22362674.jpg

いつもより20g軽いと 世界が変わりました。




さあ  ホームの高知嶺北エリアの支流解禁が7月1日と、 間もなくです。
今年も とても楽しみにしています。











ある朝、 大切に育てている酢橘の葉を
d0226214_22343484.jpg

ゴマダラカミキリがギザギザについばんでいました。

これも全然悪くない・・  笑





今年は少々収穫できそうです。
d0226214_224841.jpg

釣行の晩は、 この酢橘を入れた焼酎と 新鮮な野鮎の塩焼きにて、
至福の時を迎えることでしょう ♪









[PR]
# by kobochan28 | 2016-06-20 22:40 | | Comments(5)

準備万端





間もなく始まる鮎の友釣り・・・

ひょっとすると、 今シーズン分の針は既に巻き終わっているかもわかりません  笑
で、  準備は万端 !!!
d0226214_1394681.jpg

話は変わりますが、 一部のトラウトアングラーは この刺さりの良い鮎用イカリ針を自身で巻かれ、
お気に入りのハンドメイドミノーに装着しています。
これ以上鋭いポイントを持つ針は他にはないでしょう。
そのうち自分もトラウトに試してみるかもわかりません。

さて期待の今シーズンの清流はどうなんでしょうね・・・
想像するだけで眠れなくなります  笑
ですが・・     今はもう少しヒラスズキアタックです。

こちらヒラスズキの方ですが、 今 驚くほどのシャローで喰っています。
少々沖から追尾してきたものが、 腰くらいの浅場で喰っているのかもわかりません。
本流のミノーイングのように、 ロッド操作で鱒を表層まで誘い出して口を使わせる楽しさに似ていて
こたえられません。











今日も、 日中は暑くなりそうだ・・・
d0226214_1312390.jpg






この日も ドピーカンで、 8時あたりを超えると かなり日差しがきつくなり、
ヒラスズキの活性を下げる一つの要因となるのですが、
d0226214_1330881.jpg

反応は悪くなく・・

ファイト中の魚体が陽光に映え、 とてもエキサイティングです。





少々の波があれば、
d0226214_13552940.jpg

正午あたりになっても問題なく喰ってきます。
理由はここ最近のベイトとなっている、 カタクチイワシがかなり入っていること・・




深いバイトは 違和感なくミノーを吸い込んでいる証拠です。
d0226214_13322020.jpg



キャッチした、 どれもが体高しっかりで・・・
d0226214_1351983.jpg



とても綺麗な魚体でした。
d0226214_13581079.jpg

おかげで 釣り終了のきっかけが見当たらなくて、
竿を置いたころには足が棒のよう・・・   苦笑




こんなのもアタックしてきました。
d0226214_13404599.jpg

これはタタキで美味しく頂きました。
ですが、 体のどこに潜んでいたのか・・
鋭い小骨に悪戦苦闘。









そうそう・・・

もうあと10年ちょいもすれば、 天然鮎の多い河川と ヒラスズキの潜む磯が隣接した場所へ
引っ越ししようと思っています。
こちらの方も ぼつぼつ準備しなければなりません。

皆さん 遊びに  ( 呑みに 笑 )  来て下さいね ♪











[PR]
# by kobochan28 | 2016-04-23 21:35 | ヒラスズキ | Comments(9)

回想





頭痛を抱えて磯へ・・・

潮の飛沫を被れば きっと良くなる筈です  笑
原因は分かっています。

ビジネスについて、 もっともっと研鑚を積まなければと反省させられることがしばしばあり、
力不足を感じた時、 容赦なく頭痛が襲ってきます。
ですが、 逃げる は間違いなく 「 負け 」 です。

周りに助けられ、 そして少しだけ良い方向に向かい始めた時・・・
前回の釣行を回想する心のゆとりが生まれた、 この瞬間・・   を逃せば もう行けなくなります。









話は変わりますが、 魚との出会いの中で 多くは その過程に大きな楽しみがあります。

でもね・・・
良いサイズをキャッチできたら どのような場面であれ うれしいもの !!!
d0226214_2143591.jpg

欲をいえば年内にもう一本このサイズを !
もちろんサラシから・・・

昼までのコンタクトは4発でしたが、 全てのバイトは深く バレません。
さあ、 憧れのヒラスズキに多く出会えるシーズンの到来です。
僕の頭の中にしっかり叩き込まれた この季節の回想録を辿ると、 居ても立ってもいられません。








豊潤な水の  「 ゆらぎ 」   と、
d0226214_2217252.jpg

ヒラスズキのコラボレーション・・・








d0226214_22372338.jpg

心躍ります ♪


また行こう!  すぐに・・













[PR]
# by kobochan28 | 2016-04-12 11:36 | Comments(5)