1963年8月生まれ。      修行の足らない仙人の日記です。サツキマス釣りが好きでシーズンは一日中河原を歩いています。  大昔やっていたヒラスズキ釣りを復活させるも太平洋の大波や寄せる年波にも苦戦。


by 仙人

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体

ヒラスズキ
鱒、ヒラスズキ

ウインドサーフィン
その他

Link

画像一覧

最新の記事

友釣りシーズンなんですが、
at 2017-07-14 23:21
ようやくの梅雨入りで・・
at 2017-06-25 15:43
祝! 2017解禁
at 2017-06-11 13:52
GWのプレッシャー
at 2017-05-09 21:08
魚はどこだ?!
at 2017-04-30 22:55

記事ランキング

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月

検索

タグ

ブログジャンル

四国
釣り

最新のトラックバック

Cool stuff o..
from Cool stuff or ..

ライフログ

皐月鱒



初めての出会いは忘れもしない 中学2年生の時、
高知、鏡川の下流域でダイワのスピナーに食ってきた36cm。
33年前の当時、サツキマスという名前はどの図鑑にも載ってませんでした。
一番良く似ていたのが琵琶湖の固有種であるビワマスだったので、勝手に これだ!!  と決め付け 笑
近所の岡林釣具店さんに魚拓を貼って頂いてました。


それからしばらくして 本荘鉄夫博士により、5月頃に遡上をすることからサツキマスと命名されたようです。
きれいな名前ですよね。
ヤマメの降海型がサクラマスということは大昔から周知されていたのですが、
アマゴの降海型はその存在すら知られなかったのでしょうか・・・ 数も少なかったのでしょうね。






7年前に夢の50UPに迫るサイズがハンドメイドミノーに食ってきました。
眩しい銀色、力強さを誇示するような体高と太い尾、他を威圧する大きな口 ・・・ ヒラスズキに似てるでしょ。
d0226214_11313548.jpg

これは・・・結構・・・すぐいけるか! と思いきや・・・ あれからこれを超えるサツキマスは釣れていません。






さて、最近雨が良く降り、河川状況が気になって仕方ありません。
他の熱血サツキマスアングラーのお気持ちも手に取るようにわかります 笑


私も出勤前釣行がスタートし、ウェーディングシューズ、グローブ、ウェーダーも常に生乾きの状態。
中身は この世のものとは思えない臭さ 爆
おまけに寝不足で目は腫れ、腰には鈍痛が始まり、頭はボーボー・・・


で・・・少しリフレッシュする為に HAMA氏 の所へ行って、さっぱりとカットして頂きました。
もちろん髪型は  「 爆釣カット♪ 」  です。
これで今シーズン、あと2~3匹は間違いないと思います 笑

PS. いつも閉店間際に駆け込む迷惑な客でごめんなさいね。








そしてつい先日・・・
分厚く、押しの強い生き生きとした流れ。  ここは日本・・・
d0226214_11383877.jpg



開始早々のヒット。

偶然居合わせた地元アングラー様
貴重な時間を割いて写真を撮って頂きありがとうございました。
d0226214_11402775.jpg



今年も お気に入りのネットから少しはみ出た 目標とするサイズが釣れました。
d0226214_1203313.jpg

d0226214_11394974.jpg




子孫を残す為に、力強く、目的の支流を目指して遡上して行くのでしょうね・・・
d0226214_1141545.jpg

魚の写真は何枚もありますが、釣れたのは2匹だけです 汗





今年も皐月鱒のハイシーズンを迎えてます。

ヒラスズキを少しだけお休みして、引き続きこの サケ属の降海型で世界最南端に分布する貴重な魚を
狙ってみます。

[PR]
# by kobochan28 | 2011-05-29 13:13 | | Comments(14)

-trial and error-

5月の連休も終わり、たまった仕事の処理に追われながらも 何とか連休の遊び疲れが取れた頃・・・
去年ガスやさんと遠征し、完全敗北したポイントへ一人で再び。




ここら辺り特有のナイフエッジのような磯の綱渡りを強いられ・・・
d0226214_13395044.jpg

朝一から夕方前まで頑張って歩き周りましたが・・・またもや完全敗北でした。




この日は前日の予報ほど波は上がらず、しかも お日様ギンギン どピーカン
所々にできる薄いサラシを自分なりに丁寧に攻めましたがヒラスズキからの反応は無し。
こんな状況でも腕利きアングラーはあの手この手で魚を出すのでしょう。

ベイトが入り、理想的な波高条件等が揃っていれば、いつものお気に入りのフローティングミノーを使い、
一つのポイントで多くの時間をかけずに次々ランガンすれば活性の高い個体を拾って行くことができる。
一方でヒラスズキのヒットする条件が揃っていない時こそ、ルアーローテーション、レンジコントロール、
アプローチの仕方等々、多くの引き出しを持つアングラーが力を発揮する。
でも僕のような引き出しの乏しいアングラーは条件の良し悪しに釣果が大きく左右されます。
もっと普段から色々な事を試したり・・・色々な事を考えたり・・・しなければと痛感 痛っ! 笑




そして翌々日の朝・・・

何故か不思議といつもより疲れが早く取れ、体調も悪くない。
去年から始めた毎朝のランニング(ほとんど歩いてますが何か・・・)が効いているのか・・・
明日の予報では程ほどに波有りで、潮位良くて、曇りで、暑くなさそうで・・・
前回の釣行からわずか中二日だけれど決行!!!




早速、かみさんにいつものメールを・・・




               「 明日、オニギリ m(_ _)m 」




え”~っ!また行くん!?





と、言われるかと思ったら すんなり・・・





                   「 (^ー'*)b 」





多分、OKという事だろう・・・笑
ちょっと気持ち悪いが 遠慮なく行かせて頂くこととする。




当日は波浪予報の関係で大きく場所を変更・・・
d0226214_134463.jpg

今回は早起きし、久々に日の出の時間に現場に立つことができた。
波は思っていた程は無いが、先日のようなことは無く十分釣りになる。




今回はいつもと少しだけ違ったアプローチを心がけ、広いエリアはポイントをいくつかに分割してイメージ。
d0226214_13444215.jpg




また、ポイントが立ち位置から至近の場合は、渓での釣りのように徹底したストーキングを心がけ・・・
(ポイントのサラシが消えかけた時、おもむろにポイントに立つと シャローのヒラが逃げて行く様子を見る事があります)
サラシの厚み不足はルアーのサイズとレンジに気を配り、過度のアピールにも注意。




こうして一発はバラシてしまいましたが、まずまずの条件にも助けられ 何ヶ所かで数尾。
d0226214_1345826.jpg

60位ですが、ヒラスズキのコンディションは良く パワフル。
いつ見てもきれいで眩しい燻し銀です。




これは、ベイトのキビナゴを吐き出しながら良く飛んだ67。
d0226214_13453677.jpg




ここまでは良かったのですが・・・


この後、昼からの予定だった 北東~東北東の 強風大雨が 早々に始まり、
直後に底荒れの濁りが入り始め やむなく終了。
d0226214_1346498.jpg



せっかく来たのに・・・たった3時間強で撤収を余儀なくされ、何とも寂しい思いで帰途に。


いや、ここは早めに帰ってご機嫌取っとかないと家庭内でもそろそろ爆風が・・・笑
[PR]
# by kobochan28 | 2011-05-25 18:39 | ヒラスズキ | Comments(4)

連休の想い出

HAMA氏の計らいで、連休初日は旨い酒にて上々のスタートを切る事ができました。
d0226214_1521573.jpg





しかしながら、連休中の釣り全てが県外遠征で懐にも大変厳しいものでしたが・・・大汗





まずは設備やさんと本流アマゴを追って。
d0226214_15215080.jpg




打つ順番はいつものようにジャンケンでスタート・・・これ、彼とのルール 笑
d0226214_15225272.jpg


ジャンケン負けても彼が叩いた後で鱒が出ればこれもまた嬉 爆
また、その逆もヤラレタ~っちゅう感じで楽し。


こうして同い年の設備やさんと共に少年の頃へとタイムスリップ 笑
d0226214_1523436.jpg

水温も上がり、鱒の出方を見ると完全に瀬に射している状況。
d0226214_20373454.jpg

ミノーの操作も水温が低い季節と違ってスピーディーな操作を求められ・・・
d0226214_15245142.jpg

d0226214_15251222.jpg

水量も多く、特にガンガン瀬へのアップクロスではスラック回収が追い付きかねる感じ。
d0226214_16233646.jpg

d0226214_15594482.jpg




本流に注ぐ小さな流れのすぐ上流の瀬も設備やさんは見逃さない
d0226214_15262924.jpg

そうしてきっちり出した銀毛でない渓の一尾・・・これも綺麗
d0226214_15273185.jpg



時々手足を休め、あたりの空気を嗅ぐと・・・
d0226214_20204318.jpg



清らかな流れ、新緑とヤマツツジ。
d0226214_15281674.jpg



神々しい岩肌の織り成す風景は、
d0226214_1528491.jpg


設備やさんと僕の体を造る、全ての部品をリフレッシュしてくれそうで・・・









そして二日後は今季初・・・
d0226214_15292397.jpg



下流域へのサツキマス釣行。
d0226214_20192259.jpg



大きいサイズは40に僅かに足りませんでしたが良く肥えてます。
d0226214_15301335.jpg








その翌日は遠征先へ前日入りする為、昼から出発。
酒のあてに本流アマゴの刺身を確保する為、少々寄り道・・・


河原を歩いているとなんと石亀!小学生の時以来です。
d0226214_15304345.jpg






その晩・・・蛇頭が潜伏してそうな怪しい場所をガム君が確保してくれてました。

そこでトッティさんYoheiさんのエンドレスなウェルカムパーティーは始まる。
d0226214_15311141.jpg



カメラを向けるといつも変顔。 
d0226214_15313032.jpg



変顔一等賞は誰ですか? 笑
d0226214_15315080.jpg

トッティさんその顔ちょっとだけヤバイっすよ・・・ 爆





翌日はゆるりと起床し、さあYoheiさん入水・・・
d0226214_1532209.jpg



でも、もうこんなに陽が高いのですが・・・ 笑
d0226214_15324486.jpg


波の状況は良くありませんでしたが、夕マズメの地合いにはトッティさんがきっちり釣ってました。








翌日は再び下流域のサツキマスの予定でしたが、設備やさん情報では水位が随分下がり良くない状況、
急遽磯へ・・・


バイトは少なかったのですが、今年初めての良いサイズ。


d0226214_1533726.jpg





こうして僕の連休は幕を閉じ精神的にリフレッシュ出来ました・・・

d0226214_15332737.jpg





がっ・・・


長い休みを頂いた割には、肉体的な疲れが取れていません。

来週あたり、どどどど~っと疲れの大波とサラシが押し寄せて来そうな予感です 苦笑
[PR]
# by kobochan28 | 2011-05-08 18:26 | 鱒、ヒラスズキ | Comments(14)

長い一日

今週の日曜は久々に休み。
ガスやさんはどうするのかな・・・電話してみる。


この日曜はどうされます?ガスやさん・・・



前日の降雨により濁りの入った河口も気になるがやはり磯も・・・
そして雨後の鱒の動きもそれ以上に気になります。
下流部はフレッシュランを狙ったアングラーがごった返しているでしょうね・・・どうしましょうか・・・
結局、当日は全部の道具を積み込む 笑
そしていつもどおり、ゆるりと南下・・・

道中、マズメの増水した各河川河口には気合の入ったアングラーのシルエットが朝焼けに浮かびあがり     とてもいい雰囲気を醸し出している
しかし二人ともゆるりとし過ぎた結果、マズメのチャンスには河口部で釣りをする時間はほとんど無いと判断
そのまま焦ることなく目的地に向かう。

ポイント到着時には完全に日の出の時間を過ぎていた。
少しだけ急いで着替えを済ませ、さあどこから打とうかとウロウロしていたら・・・




同じ3/4ジャケ、Gathヘルを纏った巨人に遭遇・・・
僕とは身長が随分違うが、まさに同じ星の下に生まれた者同士であることは間違いない・・・
おそるおそる近づいてみると、しんさんでした 笑






こんにちは!しんさん^^
d0226214_2039394.jpg

そういえば彼は去年、ガム君に唆され、なんと真夏に5mmのスキンのフルスーツを身に纏い、
熱中症で危うく逝きそうになりながらも、とある小島の焼け磯を一周した強者です。

それ以来、しんさんは 「ウェットスタイル」 という言葉を口にしなくなったと、ガム君は言っていましたが
自身の強い精神力で再び這い上がってきたようです。

挨拶を済ませ私達も近所をいっしょに打たせて頂きました。




しかし予報とは裏腹に波がありません。
うねりが風に抑えられ、限られた部分にだけ時々サラシが見えている程度。
d0226214_20401218.jpg

サラシを待つばかりの釣りも辛いものがありますがここは我慢・・・
しばらくランガンして行くとしんさんの姿が見えてきました。

しゃがんでラインメンテ中のしんさんに声をかけると、なんとランカークラスを足元まで寄せたものの、
もう一歩のところでフックアウトしたとの事。
しかしガッカリすることも無く・・・
このスタイルで初めて掛けました!!!と満足そうな表情に安心しました!






その後、私たちは少し移動・・・そこで、この日唯一の貴重なワンバイトを得ました。
d0226214_20404071.jpg

結局二人でこのワンバイトのみ・・・
記念撮影していると、去年お会いしたイケメンアングラー タニマンさんと久々に再会。
僕の知りうるアングラー方々の中でも1、2を争そうイケメンです^^

波の状況が芳しくないので、早めに着替えてフレッシュウォーターへ移動しようとガスやさん・・・
しんさんに別れの電話を入れると、既に潮抜き中との事。

みんなでそちらに移動し、再会の記念に・・・
d0226214_20413792.jpg

お約束の変身をして頂きました 笑



タニマンさんとも途中でお別れ。
そうして私達は次のポイントへ・・・







日曜日の為、混雑する最下流部を避け中流B級ポイントへ大移動。
d0226214_20421313.jpg

ポイントとしてはB級とはいえ・・・今季初の美しい流れにしばらく見入って・・・
水量はやや少ないが、ほんの少しだけ濁りの残った、ほぼ一年ぶりのフレッシュウォーターの感触を確かめながら釣り下る。
d0226214_2044497.jpg

ベイトとなる香魚もいる!
d0226214_20442764.jpg

否が応でも高まる期待感・・・






フィッシュ!!!
d0226214_20445998.jpg


今シーズン初釣行の鱒はまずはガスやさんにヒット。

しかし痛恨のバラシ・・・






私も1バイトの後、幸運な一尾。
d0226214_20453443.jpg

水量の多くなる季節には立派な幅広本流アマゴに変貌する一尾・・・綺麗!!!


その後もガスやさんはチェイスが多数あるが食って来ないらしい。






そして陽も随分傾き、さすがのガスやさんも焦っているようです・・・
d0226214_2046676.jpg



通常のトゥイッチに得意のガスジャークを織り交ぜ、延々と釣り下り続ける・・・
最後まで諦めない姿勢に心を打たれた僕は   「もう帰りましょう」   が言えない状態に・・・





そしてついにヒット!





ヒット!





ヒット!





ゲット!?





ガスやさんの繊細なシャフトを暴力的に絞り込む・・・


65cmを優に超えた黄金に輝くモンスターの正体は・・・


移動距離の少ないトゥイッチまたはダウンクロスに差し掛かった時にステイ・・・これが命取りなんです。


ロッドの腰は抜け、ブランクからはボロンの繊維が飛び出しそう・・・


ナイロンラインはべろんべろんに伸び・・・


1個60円もするフックは全て真っ直ぐに・・・




しかしそれでも優しいガスやさんはその魚を優しく取り上げ・・・
いいファイトだったよと、ほおずりする・・・








(ガスやさんすみませんウソつきました)




これもネタだとガスやさんにお願いして・・・
あふれ出る粘液で滑らないよう両手でしっかりブツ持ちして頂き・・・笑
d0226214_20465728.jpg

ゴイニーと目が合った僕は顔を背けながら素早く写真を撮り終えた。





ガスやさん・・・もう帰りましょう・・・




もと来た支流を慎重に渡り、薄暗くなった薮を漕ぎ、車の所まで最後の山登り。

そして今日も爽やかで長かった一日が過ぎようとしている・・・





ガスやさんまた行きましょうね。

手は臭くないですか? 笑

お疲れ様でした。
[PR]
# by kobochan28 | 2011-04-26 22:07 | 鱒、ヒラスズキ | Comments(8)

-high season-

改正消防法が交付され、既存住宅でも今年の6月1日より住宅用火災報知機の設置が義務付けられます。
(期日は各市町村条例により異なります)
d0226214_16274670.jpg

先週、高知の実家にも取り付けに帰りました。
取り付け場所は寝室と階段ホールで、下地さえ確認できれば誰でも簡単に設置できます。
住宅火災の死者の多くは就寝中での「逃げ遅れ」が原因です。
今回の震災を機に防災意識を高め、大切な家族を守る為にも早めに設置したいものです。



もちろんこの日の午前中にも釣りには行きましたが、どピーカンの正午ジャストに50cmのヒラセイゴで終了。
d0226214_1630589.jpg




帰り道、海岸沿いに黒山の人だかりが・・・





d0226214_16292097.jpg

掻き分けて前に出ると大きな鯨が・・・さすが太平洋です。

ちなみにこれからの季節、サラシを打っていると小型の鯨のような動物が出現することが多々あります。
サラシのなかで小魚を食べているのでしょうか・・・
こんな時はあまりいい思いをした記憶がありません。
きっと荒磯の王者も岩の下に頭突っ込んで隠れているのでしょうね 笑






そして昨日はしっかりと重量の乗ったのが釣れました。
今回は持って帰ってお裾分け・・・
d0226214_1784889.jpg



設備やさんシッポが写ってないですよ~ 
[PR]
# by kobochan28 | 2011-04-19 19:31 | ヒラスズキ | Comments(7)