1963年8月生まれ。      修行の足らない仙人の日記です。サツキマス釣りが好きでシーズンは一日中河原を歩いています。  大昔やっていたヒラスズキ釣りを復活させるも太平洋の大波や寄せる年波にも苦戦。


by 仙人

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体

ヒラスズキ
鱒、ヒラスズキ

ウインドサーフィン
その他

Link

画像一覧

最新の記事

大鮎最盛期
at 2017-09-17 18:00
友釣りシーズンなんですが、
at 2017-07-14 23:21
ようやくの梅雨入りで・・
at 2017-06-25 15:43
祝! 2017解禁
at 2017-06-11 13:52
GWのプレッシャー
at 2017-05-09 21:08

記事ランキング

以前の記事

2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月

検索

タグ

ブログジャンル

四国
釣り

最新のトラックバック

Cool stuff o..
from Cool stuff or ..

ライフログ

2016 真夏の回想録




ひょっとすると、 僕の夏は まだ終わってないかもわからないので、
タイトルを回想録とすることで、 納竿を促します・・    苦笑






さて、 今年も友釣りの記事は なかなか更新できませんでした。 
現地は自然溢れる風景や清らかな水、 まっ黄黄の鮎達も含め 心に残る画像満載なのですが、
一度流れに囮鮎を送り込んだら最後・・・ 
次に掛かった鮎を即座に次の囮として送り出すという循環の釣り。
他の釣りと違って、 写真撮る時間なんて全く無いんですよね   笑
以前にも述べたように、 昼食をとることも小便をすることも忘れるくらいなんです。
よって、 いつも家に帰ってから写真を撮っていないことに気がつきます。




今シーズン前半はホームグラウンドの他、 比較的近場である徳島県の鮎喰川にも足を運びました。
ここ鮎喰川上流部の山あいの町、  神山町 は とてもほのぼのした風景と町並みで、
優しい表情の 案山子達 が出迎えてくれました。
d0226214_21395293.jpg





とても ほほえましく・・・     いつも ガツガツ釣りをする仙人も つい足を止めてしまいます ♪
d0226214_21404494.jpg





山も水も空気も とてもきれいで・・・
d0226214_21422734.jpg





ひなたぼっこ中の おじいちゃんとおばあちゃんや・・
d0226214_21433731.jpg





バス待ちのお二人様。
d0226214_21455565.jpg

本当にバスに乗っちゃうんですか?   笑
みんな普通に生活しているような躍動感があります。



こんな感じで、 友釣り半分 町の散策半分の楽しい釣りもありました。
( 釣果はいつもの半分の半分でした・・・   涙 )












そしてホームの嶺北・・
d0226214_22171060.jpg





今年は、 7月1日にdebut したペディさんと一緒に、
d0226214_2235769.jpg





良い釣りができました。
d0226214_2244255.jpg





9月後半からはぺディさんも ヒラスズキ用ウェットスーツで武装したりと、
d0226214_2115504.jpg





かなり 頑張りました。
d0226214_21143593.jpg

このころから ぺディ さんは 「 急瀬のぺディ 」 と、 呼ばれるようになりました   爆




尺鮎は、 今年も おあずけでしたが、
d0226214_2115783.jpg

28.5cmが二つ。







そして10月も中旬過ぎ。 
無理行って、 オトリ屋さんにブツを段取りして頂き・・・ 
今日で最後だと思えば、 なかなか竿が しまえないもの。
d0226214_20582268.jpg

川をあがる直前の風景は真っ暗で、
僕は そこでシーズンを終えたはず ?        でした・・     












しかし、 ふと気がつくと・・
d0226214_205912.jpg

10月28日、 11月3日と四国西部を徘徊し・・・




まだまだ目印を真横にふっ飛ばす、 まっ黄黄の輩が流れに潜んでいることを確認すると、
d0226214_2245321.jpg

ますます自身のテンションがさがらない・・   笑




そして そして ・・
11月12日、 今年の友釣り釣行40日目のこと・・
d0226214_2303398.jpg

僕とペディさんは 和歌山県の有田川にいました   爆
シーズンの終了を、 しっかり自身に言い聞かせるには十分な貧果でした   苦笑



これで友釣りも満4シーズンを超えましたが、 今年も まだまだ新しい発見が多くって、
新しいパーツを試しては作り直すという作業の繰り返し・・
仕事して飯喰って寝て 以外の時間は、 全て友釣りと仕掛作りに没頭していたような感じでした。
これほど繊細で細分化されて、 各パーツに大事な役割がある仕掛は見た事がありませんし、
来年は もっともっと深く 友釣りを知ってみたいと思う次第です。
まだまだ ド素人の域を脱する事ができませんが、 この頃が一番楽しいのかもわかりませんね。

来年も行くぞ ~~~      笑




( で、今年は本当にやめたんかい?  爆 )


















[PR]
# by kobochan28 | 2016-11-06 14:50 | | Comments(12)

熊出没注意!!





東北地方にて、 ツキノワグマに襲われ死亡する事件が多発している今年・・・
遺体が発見されていないケースもあり、 数頭が人を食べた形跡もあるとのこと。



地元 四国のツキノワグマは、 本州と比較すると やや小型でおとなしいと勝手に思っているが、
釣行先でこんなのを見ると・・
d0226214_22421919.jpg

やっぱりね・・   恐







ここは熊出没エリアより下流だが、 周りの音が水の流れにかき消されるいつも通りのいつもの環境でも
この日は不気味・・
時々周りを見渡しながらと、 少々集中できない感じ・・・


同行のジムノペディさんは・・
d0226214_224356.jpg

そんな僕の心配もよそに釣りに熱中・・・   苦笑






そして四国の何処の河川もが渇水の中、 オトリ込21匹の立派な釣果。
d0226214_22441093.jpg

今年7月1日の嶺北デビューから わずか7週目のこと・・







その釣行二日後、 師匠である73歳の叔父から熊撃退スプレーを段取りしろとの連絡があり、
何もその年齢で熊に遭遇するエリアに踏み込んでまで友釣りせんでもええやんかと思いながらも・・
d0226214_22453454.jpg

即段取り ♪   

叔父も やるやるとは聞いちょったけんどやるにゃあ~~   苦笑











[PR]
# by kobochan28 | 2016-08-30 22:48 | | Comments(9)

伝染




梅雨も明け、 季節は本格的な夏を迎えています。


僕らは海の日の前後、
とても涼しい場所にいました・・・








最近よくアマゴに浮気をしているT君ですが、
がまの愛竿を握れば、 積極的に流芯を攻める鮎師へと・・
d0226214_0223835.jpg

若くてカッコいい鮎師の彼!
ワークキャップも とても似合ってますね~










そして釣友の事務局長さん・・・
d0226214_023910.jpg

この度、 7月1日に友釣りデビュー !!!
これは不幸としか言いようがありません。
( 誘ったら すぐ乗ってきましたし、 どちらにしろ鮎熱の伝染は時間の問題でした・・ 笑 )










翌日は仁淀川本流へ・・・

この透き通った 清らかな水。
d0226214_0234466.jpg

全てのストレスを洗い流してくれるパワーがあります ♪


今年の仁淀川は とても鮎が少ないと言われています。
でも、 そんなことは全く関係ありません。
僕らにとって、 釣果は二の次ですから・・・    涙








ヒゲ面に似合わず  「 ジムノペディ第1番 」  のメロディを 口ずさみながら・・・
d0226214_0242375.jpg

軽快にオトリを引く 事務局長さん。
鮎を始めて5日目にして、 本流でバンバン引き抜いてる!!!

磯のヒラスズキ、ショアジギングの他、 アジングやグレのフカセ釣りもこなす器用な彼は、
鮎も難なくエントリーできたようですが・・・  







今日の釣りが終わっても、 しっかりと平常心をもって・・
d0226214_0245595.jpg

社会復帰することを願っています・・   爆


こんな感じで、 熱病は ガスやさんに引き続き 容易に伝染していってます  笑












[PR]
# by kobochan28 | 2016-07-21 22:34 | | Comments(11)

解禁すれば、





うっとおしい梅雨も全然悪くない・・  笑




僕の鮎は 始まっています。
5月に1回、 6月は15日の時点で5回の釣行。
この釣りが始まると ブログ更新が思うように・・  汗





今年初めての河川にチャレンジ。
里川の ゆるりとしたこの空気・・
d0226214_2230536.jpg

とても 良いものです・・・ 




 
反面、 自身は ゆるりとした この雰囲気に合わせられるはずもなく、
d0226214_22315653.jpg

いつものようにガツガツと・・   苦笑

今シーズン終盤は、 この高知県東部のダムの無い川で迎えたいと思っています。






気がつけば 年券もそこそこの枚数に・・   汗
d0226214_22323316.jpg

結構な出費になりますが、  街へ呑みに行くことを考えれば安いもの・・




ついでの竿は、 
d0226214_22362674.jpg

いつもより20g軽いと 世界が変わりました。




さあ  ホームの高知嶺北エリアの支流解禁が7月1日と、 間もなくです。
今年も とても楽しみにしています。











ある朝、 大切に育てている酢橘の葉を
d0226214_22343484.jpg

ゴマダラカミキリがギザギザについばんでいました。

これも全然悪くない・・  笑





今年は少々収穫できそうです。
d0226214_224841.jpg

釣行の晩は、 この酢橘を入れた焼酎と 新鮮な野鮎の塩焼きにて、
至福の時を迎えることでしょう ♪









[PR]
# by kobochan28 | 2016-06-20 22:40 | | Comments(5)

準備万端





間もなく始まる鮎の友釣り・・・

ひょっとすると、 今シーズン分の針は既に巻き終わっているかもわかりません  笑
で、  準備は万端 !!!
d0226214_1394681.jpg

話は変わりますが、 一部のトラウトアングラーは この刺さりの良い鮎用イカリ針を自身で巻かれ、
お気に入りのハンドメイドミノーに装着しています。
これ以上鋭いポイントを持つ針は他にはないでしょう。
そのうち自分もトラウトに試してみるかもわかりません。

さて期待の今シーズンの清流はどうなんでしょうね・・・
想像するだけで眠れなくなります  笑
ですが・・     今はもう少しヒラスズキアタックです。

こちらヒラスズキの方ですが、 今 驚くほどのシャローで喰っています。
少々沖から追尾してきたものが、 腰くらいの浅場で喰っているのかもわかりません。
本流のミノーイングのように、 ロッド操作で鱒を表層まで誘い出して口を使わせる楽しさに似ていて
こたえられません。











今日も、 日中は暑くなりそうだ・・・
d0226214_1312390.jpg






この日も ドピーカンで、 8時あたりを超えると かなり日差しがきつくなり、
ヒラスズキの活性を下げる一つの要因となるのですが、
d0226214_1330881.jpg

反応は悪くなく・・

ファイト中の魚体が陽光に映え、 とてもエキサイティングです。





少々の波があれば、
d0226214_13552940.jpg

正午あたりになっても問題なく喰ってきます。
理由はここ最近のベイトとなっている、 カタクチイワシがかなり入っていること・・




深いバイトは 違和感なくミノーを吸い込んでいる証拠です。
d0226214_13322020.jpg



キャッチした、 どれもが体高しっかりで・・・
d0226214_1351983.jpg



とても綺麗な魚体でした。
d0226214_13581079.jpg

おかげで 釣り終了のきっかけが見当たらなくて、
竿を置いたころには足が棒のよう・・・   苦笑




こんなのもアタックしてきました。
d0226214_13404599.jpg

これはタタキで美味しく頂きました。
ですが、 体のどこに潜んでいたのか・・
鋭い小骨に悪戦苦闘。









そうそう・・・

もうあと10年ちょいもすれば、 天然鮎の多い河川と ヒラスズキの潜む磯が隣接した場所へ
引っ越ししようと思っています。
こちらの方も ぼつぼつ準備しなければなりません。

皆さん 遊びに  ( 呑みに 笑 )  来て下さいね ♪











[PR]
# by kobochan28 | 2016-04-23 21:35 | ヒラスズキ | Comments(9)