1963年8月生まれ。      修行の足らない仙人の日記です。サツキマス釣りが好きでシーズンは一日中河原を歩いています。  大昔やっていたヒラスズキ釣りを復活させるも太平洋の大波や寄せる年波にも苦戦。


by 仙人

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体

ヒラスズキ
鱒、ヒラスズキ

ウインドサーフィン
その他

Link

画像一覧

最新の記事

久々シャローは足パン・・・
at 2018-04-07 21:53
桜開花 と 皐月開花
at 2018-04-06 19:18
早春の回想録
at 2018-03-11 15:14
Yoshino River ..
at 2017-10-29 22:44
夏が終わりました
at 2017-10-21 21:12

記事ランキング

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月

検索

タグ

ブログジャンル

四国
釣り

最新のトラックバック

Cool stuff o..
from Cool stuff or ..

ライフログ

久々シャローは足パン・・・


さて、 約一年ぶりの春磯は・・

水温の上昇とともにシャローエリアに差してくるヒラスズキ・・
ここでの釣りは、 高磯と比べターゲットとの目線が近くとてもエキサイティング。
シャローでの魚とのやりとりはラインの角度が浅く、根ずれのリスクは高磯に比べ倍増するが、
魚の動きに合わせ素早く手足をさばき、常にアングラーの優位なポジションをキープし、
手元に魚を導き得た時は、この上ない優越感に浸る事ができるのである・・・   が・・・

いつも筋書き通りにうまくいかないのがシャローゲームの 難しいところ・・
とは言え、 僕のもっとも好きなスタイルの一つなんです。

で、 今年一発目は足パンパンの後遺症が残るスタートでした・・  苦笑




波は少々足らないが・・

d0226214_20293265.jpg
リハビリ釣行としては丁度かもしれません。




反応が出始めたのは9時を過ぎた頃から・・
d0226214_21400201.jpg
しかし、 ヒットしたヒラスズキがバレるバレる・・・  笑えるほどに
バックラッシュも頻繁に多発・・・   下手過ぎ





朝一から14時までに
d0226214_20290976.jpg
何とかチビ2尾・・・   
で、 足パンは三日後に突如としてやってきました・・  





そういえば、 待ちに待った友釣り解禁まで なんと後一カ月となりました。
みなさん準備の方はいかがですか?  








[PR]
# by kobochan28 | 2018-04-07 21:53 | ヒラスズキ | Comments(5)

桜開花 と 皐月開花




桜の開花が群を抜いて早かった今年の高知 ・・
春を感じるアンテナが敏感で正確なのは自然界の生き物たちであって ・・・
桜と併せて、 高知の水の中は遡上で乱舞する稚鮎とサツキマスが
お祭りのごとく賑やかなのは想像に難くない ・・   と、 都合のいい発想  笑


いいタイミングの降雨からは少し時間が経過してまったが、 久しぶりに帰省を兼ねての釣行は、
普段なら魚を求めて急ぎ足でポイント移動する場面でも、
土手沿いに並ぶあちこちの見事な桜と ・・
一級河川の流れとのコラボレーションに ・・・
d0226214_20251855.jpg
つい車を止めてしまう場面が多々ありました。
画像は  「ちーん」(笑)  ですが、 現地は本当に見事でした。






8時頃より竿を出し、 やっと魚が出たのは午後三時を過ぎたころ ・・・
d0226214_20270859.jpg
魚体に触れれば、 はらはらと銀箔鱗が簡単に落ちるのは、
汽水域より遡上が間もない証拠 ・・ 
シラメでした。






夕方になると何度かチェイスが見られ ・・
d0226214_20273862.jpg

やっと口を使ってくれたのは ・・
顔のとがった、 お腹でっぷりの尺超え。

その後、 暗くなるまで移動を繰り返しましたが反応はありませんでした。


さてこれからも、 ある程度まとまった雨後のタイミングが気になるはずなんですが ・・・
どうやら今の僕にとって この釣りは、
鮎の友釣りとヒラスズキのつなぎの釣りとなってしまい ・・  
ました ・・・   苦笑













[PR]
# by kobochan28 | 2018-04-06 19:18 | | Comments(0)

早春の回想録



本当に久しぶりに訪れた、 この場所・・

d0226214_15064036.jpg

かれこれ20数年前の3月1日のアマゴ解禁日前夜・・・
お世話になっていた方に案内して頂き、
翌日の餌となる特上のイクラを肴に、 焼酎のウーロン割で車中の前夜祭はとても盛り上がりました。
当時の解禁日はとても雪深い中、 二日酔いでしたが40尾くらいは釣った記憶があります。
案内してくれた方は10年ほど前より体調を崩し、それ以来大好きだった釣りに行けていません。
その方の想いも一緒に乗せて、記憶を頼りに現地に赴いたのは3月8日・・
少々増水気味でしたが少し竿を出してきました。
なんとこれが今年の僕の初釣りです。  爆







あらら・・・
先行者発見!!

d0226214_15065519.jpg

こちら方面の名物、 案山子さんでした。 笑
出で立ちは 僕よりも随分上手そうな雰囲気です。






さあ、 今から餌釣りです。

d0226214_15071910.jpg

ただ釣るのみ・・  寄り道をしてはいけません。
大自然に見とれては・・  いけません。
標高900mの清い水に見いっては・・・  いけません。
釣果が落ちます。  爆

という事で、 釣りを開始しましたが・・  笑
数あるポイントの内、 反応のある場所は予想に反し一か所のみ。
なので3時間少々で納竿とし・・

d0226214_15074597.jpg
リリースしたチビ入れて10匹ほど・・・







帰り道は こちらの定番、

d0226214_15075563.jpg
祖谷蕎麦で〆ます。

その晩は余った餌 ( 爆  でも特上の塩イクラ ♪ ) と併せて贅沢なdinnerとなりました。  笑






で、 今年に入って 釣りにも行かずに今まで何してたの? と、  いう事になりますが、
鮎の仕掛けを作ったり・・・
VU管で鮎の竿ケースを作ったり・・・
d0226214_15081747.jpg

そして今シーズンも 友釣り30日超え決行のために、
家庭や仕事に対し、 色々な仕掛けをしていました。   笑















[PR]
# by kobochan28 | 2018-03-11 15:14 | | Comments(5)

Yoshino River の車窓から



ここは  「 四国三郎 」 こと、 Yoshino River 上流域。
ラフティングが盛んで、 多くの人が激流と川旅を楽しんでいる場所。
今年、 この場所でラフティングの世界選手権が行われ 地元選手の方々が大活躍されたようです。
僕は その公式練習のさなかと知らずにコースで竿を出してしまったり ・・  苦笑
類まれな地形による荒い流れの為か、 掛かる鮎のサイズもちょっと違います。

そんなエリアで 時々竿を出しながら、 切り立った峡谷の際を往復するJR土讃線からの車窓が気になって仕方なかった ・・
きっとあの窓からは、 普段見る事ができない  「 巨鮎の潜む荒瀬 」  が沢山見えるはずだと ・・・
密かに僕はジムノペディさんと、 友釣りオフシーズンにJR大歩危駅から大杉駅までの間、
車窓からのチェック計画を練っていたのだ!!





そして実行日となった 10月29日(日) ・・・
日曜休みの取得が困難な僕は、 彼の休みに合わせ1ヵ月前から休日取得を申告してました・・  が、 
見事! 台風22号 最接近の日とガッチャン!!   笑えません。

とりあえず向かおうと 大歩危駅までの道中、 
山城町に入ってからの 国道沿いに切り立った山が迫る場面になると、 
山側あちこちの小さな谷から国道32号線に水があふれ出ている。
道路全体が浅い川のような状態で、 時折ハンドルをとられながらJR大歩危駅へと車を走らせる。
ジムノペディさんが今日はやめときますか?  と ・・・
一度は引き返すことも考えていましたが、 土讃線を走る列車も通常運行のようでしたので、
そのまま車を走らせ大歩危駅に到着。  
d0226214_15184550.jpg
               でも台風まっただ中やし ・・  爆




ホームで列車を待つ間、 川面をチェックするも ・・
d0226214_15211345.jpg
水位が高く、 平水時での 瀬 ~ 瀬落ち がわかりづらい。
やはり日程を選んで来た方が良かったようです。
また、 画像では大したことなさそうですが大雨の爆風です。




間もなく列車が到着し、 足早に乗り込みます。
待ちに待った車窓からの風景は ・・

未だ見ぬ巨鮎ポイントのオンパレード!!!   と思いきや ・・・




トンネルばっか!!  涙





しかも思ったより、各駅停車の鈍行列車の割には速度が速い!!
d0226214_15190043.jpg
見えん! 
もっとゆっくり!   走って!  お願い!!

車窓から川までの距離は程近いのだが、 結構木々が視界を遮る ・・・





ペディさんも ・・
デジカメ片手に 必死で ・・
d0226214_15193006.jpg
車窓に喰らいつきますが ・・・





良さげなポイントは ・・
d0226214_15194453.jpg
無慈悲なまでに 瞬間移動していきます ・・    涙





d0226214_15191530.jpg
本流に注ぐ、 多くの支流は濁流となっています。






そうこうしていると ・・
d0226214_15200351.jpg
大杉駅に到着 ・・

ジムノペディさんは笑顔で映っていますが、 
ホームに降りた瞬間びしょ濡れです。 傘はほぼ役に立ちません ・・・
僕もパンツに雨水が侵入し、 友釣りしている時以上に下半身が冷えてきました。
この頃台風は高知に最接近していました。





大杉駅すぐ横、 濁流の穴内川です。
d0226214_15202044.jpg




ここは吉野川の支流なんですが、
鮎のサイズは本流に迫るものがあります。
d0226214_15203846.jpg
ここ数年は ほとんど行かなくなりましたが ・・・




このすぐ近所のひばり食堂で、 普通盛りでも超大盛りの名物カツ丼喰って折り返す予定でしたが、
台風の為、 おそらく休業でしょう。
再び大杉駅から特急南風に乗り、 折り返して出発点の大歩危に戻ります。
何故か帰り道はひどく疲れました  苦笑
僕は席に腰掛けたきりで、 帰り道に車窓を拝むことはありませんでした。






最初から最後まで元気なままのジムノペディさん。
大歩危駅の改札口に陣取っていた ・・   車掌さん??
d0226214_15212746.jpg
妖怪 「 こなきじじい 」 を抱き寄せ ・・
来年こそは尺鮎釣らせろ! と、 耳打ちしてきたとのこと ・・・



ジムノペディさん、
再度、 平水の天気の良い日にリベンジしてみて下さい。  
僕は行きませんが ・・  たぶん ・・  笑







[PR]
# by kobochan28 | 2017-10-29 22:44 | | Comments(5)

夏が終わりました




鮎の友釣りを始めてから、 夏がとても短く感じられるようになりました ・・   笑



8寸の真っ黄黄が竿を絞り始める 待ちに待った梅雨明け。
ぎらぎらと照りつける、 久しぶりの陽光のもとで、
やっと友釣り本格シーズンが到来したと感慨にふけるのも束の間 ・・・

足早に夏が通り過ぎ、 枯れたヒガンバナの間を縫って山道を降りたこの日、
増水した急瀬の瀬肩に送りだしたメスのオトリに、 2時間かけて やっとこさ掛かった鮎は
ややぬめりのおちた サビかけのオス。
縄張りに侵入した相手を追い払うのでなく、 間近に迫る産卵期を意識したメスに
じゃれてきたものだと確信した時に、 自分の中でイキリ立ってきたものが急に萎える ・・ 
こんなん掛けて楽しいの ??    流れの中から聞こえたような ・・・
ウエット武装で寒さ対策万全で挑んだものの、 この一尾の出現に即納竿&今シーズンの
終焉を突き付けられた。
また、 直後の台風はわずかに残っていたモチベーションにとどめを刺し、
突然に寄りそうものが無くなった僕は、 夜な夜な来年用の錨を巻く ・・   涙




2017 ・・・   短くて熱い友釣りシーズンが終わりました。 


     釣行日数36日

     総数874尾

     今年も、 言葉で言い表せない位 ・・







     楽しかったです。
















[PR]
# by kobochan28 | 2017-10-21 21:12 | | Comments(8)